環境学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • 名古屋大学国際プログラムG30
    • TOPICS Back No.
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 高等研究院
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 名古屋大学公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 環境学研究科 >
  3. 部局紹介

環境学研究科の教育

名古屋大学大学院環境学研究科は、21世紀の幕開けである2001年に創設されました。地球環境科学専攻、都市環境学専攻、社会環境学専攻という3専攻構成で、理学系、工学系、文系の文理連携の研究科です。

環境学研究科では,創造力・応用力・統合力を持った人材の育成を目指しています。そのため,既存の学問分野の授業科目やセミナーによって自らが持つ既存分野での知識を深化させながら,理,工,文の連携を推進する観点から研究科共通で専攻横断型科目である「体系理解科目」(博士前期課程)および「研究科共通科目」(博士後期課程)の習得によって創造力・応用力・統合力の養成を図っていきます。それは,自らの専門知識に閉じることなく,文理にまたがる幅広い学問分野を自由に咀嚼し,柔軟に社会や組織を導く能力を身につけるための教育プログラムです。言い換えれば、ひとつの専門を持ちつつ広く全体を見渡せるジェネラリストを目指す、あるいはひとつの専門を深く極めるスペシャリストを目指しつつ他分野の素養も持っている、という人材を育てようという考え方です。どちらにしても、複数の眼をもつ人材を育てようとしています。創設から18年が経ち、この体系理解科目が効果を上げてきたように感じています。理工文の専門を問わず学べるようにプログラムされていますので、他研究科の学生の方々でも十分に単位取得可能です。

また、体系理解科目は、2013年度から始まった、環境学・国際開発・生命農学・経済学・工学研究科による5研究科連携ESD(Education for Sustainable Development)プログラムの一部ともなっています。このESDプログラムには2018年から人文学研究科も加わり、より一層充実した内容になっています。

環境学研究科では、創設以来,環境学の基礎となる個々の既存学問の深化とともに,持続性学と安全・安心学を2本柱とする新たな研究・教育の創造に取り組んでいます。その一環として「臨床環境学」という新しい学問を構築し,現在,持続的共発展教育研究センターを中心として実践しています。また,地震火山研究センターの研究活動やスマトラ地震・津波以来の様々な災害調査を通じて,文理融合の防災研究・教育を推進してきました。これらの活動は国内外を問わず地域社会と連携し,研究成果を地域に還元してきています。

21世紀の人類的課題の一つが,環境問題であることは誰もが認めることです。この人類的課題に対応するため,2015年,国連は持続可能な開発目標(SDGs)を定めました。名古屋大学においても,環境学研究科,生命農学研究科,国際開発研究科,宇宙地球環境研究所が協力し,2018年4月にフューチャー・アース研究センターを設立し,SDGsの推進を図るための学問構築を目指して連携研究を進めています。同時に、京都の総合地球環境学研究所や筑波の国立環境研究所とも学術連携協定を結び、それぞれの研究所に所属する研究者が名古屋大学環境学研究科の教育に参加できる制度を設け、実践しています。 このように環境学研究科は独自のカリキュラムによって多様な人材の育成をめざしています。そして,学問の発展には,学生も教員も「十人十色」の原則で他者との違いを認めながら,「三人寄れば文殊の知恵」の原則で絶えず意見交換しながらいいものをつくっていくという精神が必要です。私たち教員も皆さんとともに学び,また,夢を語り合いたいと思います。

藤前干潟

体系理解科目「環境学フィールドセミナー」での藤前干潟の訪問。干潟に入り、生物相などを実際に見てみる。柔らかい泥が、足の裏に心地良い。

風車

体系理解科目「環境学フィールドセミナー」での風力発電施設の訪問。豊田通商の方から風力発電の現状と今後の見通しなどを伺う。

部局長インタビュー

環境学研究科長

西澤泰彦 教授

環境学研究科長の西澤泰彦教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 環境学研究科の強み(醍醐味)を教えてください。

理学、工学、人文社会科学という多様な専門分野の教員が、環境をテーマに教育と研究を推進しているところです。

名古屋大学環境学研究科は、 2001年、日本最初の本格的な文理融合型の大学院として誕生しました。学生は、個々の学問分野についての見識を深めながら、多様な学問分野に身近に接することによって、総合的、俯瞰的、多角的な視点を身に付けることができます。

このような文理融合の教育を進めるために、博士前期課程の科目として「体系理解科目」を開講しています。

例えば、私も参加している「環境学フィールドセミナー」という科目では、埋め立て問題を克服して保全された藤前干潟や日々変化する名古屋の都心、さらに、産業廃棄物処分場などでの現地調査を通じて、現在起きている環境問題を複眼的な視点で考える授業がおこなわれています。

また、多くの先生方が、環境問題の起きている現場(フィールド)に赴き、そこでの問題把握や分析を通した研究をしていますが、それを教育に反映していることも環境学研究科の強みです。

例えば、環境学付属の地震火山研究センターの研究活動やスマトラ地震・津波以来の様々な災害調査を通じて,文理融合の研究・教育を推進してきました。

さらに、2014年には、地域の持続的な発展に関する教育研究の中核となる持続的共発展教育研究センターを設立しました。

これらの活動は国内外を問わず地域社会と連携し,研究成果を地域に還元してきています。地域社会との連携も環境学研究科の醍醐味の一つです。

2. 環境学研究科の学生にどんな風に育ってほしいですか?

大学院環境学研究科のアドミッションポリシー (学生受け入れ方針) には、次のように記載されています。

環境学研究科は、人類社会の中での自らの役割を見出すことができ、国際的に活躍することができる、次のような人を育成することをめざしています。

  • 専門分野の創造的推進、環境学の創成を担う人(想像力のある人)
  • 状況が変化したとしても専門的知識を柔軟に応用できる人(応用力のある人)
  • 異分野の成果を統合して環境問題に果敢に取り組む人(統合力のある人)

これだけを読むと、「スーパーマン」を育てるようにも見え、驚かれる方もいるかもしれませんが、持続的発展を阻害する地球規模課題が各地で起きている現状をみると、今、求められている人材が、このような人材なのです。

重要なことは、自分の専門分野で学問を究めながら、同時に他の分野、他者の活動にも目を向ける余裕を持ってほしい、ということです。

それは、自分の考えを主張しながら、他者の考えを冷静に聞くことでもあります。「十人十色」の原則で、それぞれの違いを認め合い、同時に「三人寄れば文殊の知恵」の原則で絶えず意見交換しながらいいものをつくっていくという考えが大事だと思っています。

3. 環境学研究科のビジョンを教えてください

「地球規模課題への対応」と「新たな知の創造」に基づく研究科の持続可能な発展、という二つの看板を掲げています。

「地球規模課題への対応」は、世界各地で頻発している持続的発展を阻害する諸問題に対応し、それらを解決するため、環境学研究の実践的研究拠点形成をはかることです。環境学研究科を創設した2001年当時と比べて現在は、地球規模課題と呼ばれる持続発展を阻害する問題が多様化、複雑化、深刻化しているのが実情です。わたしたちは、このような状況に対して、それぞれの教員が持つ専門分野の知識、技術、経験を総動員することで、地球規模課題への解決を目指しています。

「新たな知の創造」とは、複雑化する諸問題を解決に導く人材の育成を図るため、従来の学問体系の枠組みを越えた学問体系の構築を図り、新たな知の創造を目指すことです。特に環境学研究科では、多くの教員がフィールド(現場)に出て、問題把握、分析をおこなうフィールド学の手法を採っています。その結果、地域の様々な環境問題を地域の実情に即して解決していこうとする「臨床環境学」という新しい学問を確立し、実践してきました。そのような経験を活かし、新しいフィールド学の研究教育拠点の形成をめざしています。

4. 西澤先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

今から思うと、いろいろな分野の授業を受けることができた名古屋大学の教養部の制度は、私にとって大変にプラスに働いていたと思います。その中で、特に印象に残ったのは大学1年の後期に受けた東洋史の授業でした。担当の先生は、当時、高校の先生をされていた方で、非常勤講師として授業をされていた方でした。内容は朝鮮史でしたが、高校までの歴史の授業に比べて格段に奥が深く、歴史事象を学ぶことで朝鮮半島に確立された社会や思想、文化に触れた感じを受けました。もちろん、日本による植民地支配の話もこの授業を通して、「学んだ」という気分になりました。のちに自分が日本の植民地建築の研究をする遠因がここにあったのだと思います。

もうひとつ、専門科目のなかで印象に残った授業は、大学4年生で受けた当時の建築学科での「卒業設計」です。1982年のことですが、スクラップ・アンド・ビルドが当たり前だった当時、更地に建物を新築する、という行為に疑問を感じていた私は、この授業で、既存の銀行建築をホテルに改修しながら、建物を保存再生活用するという課題に取り組みました。その時、担当してくれた先生は、旧名古屋高等裁判所の保存活用に関わっていた方で、私が課題の相談に行ったとき、「裁判所の活用案で結婚式場を提案したけど、反対が多くて無理だった」と語ってくれました。先生は、歴史的建造物の保存活用は、まず、大胆な案を考えてみる、ということを私に伝えたかったようでした。実際に、旧名古屋高等裁判所を改修した名古屋市政資料館では、現在、結婚記念の写真撮影が当たり前のようにおこなわれています。現在、各地での歴史まちづくりに関わる身として、この時の経験が生きています。

5. 高校生へのメッセージをお願いします。

二つ、お伝えします。

一つ目は、何でもいいから、好きな科目の勉強をしましょう。高校3年生の夏休み、部活の1年先輩の方で、ある大学の理学部化学科に進学した方に会ったら、その方が「俺は高校3年生の時、大学の化学の教科書を読んでいた。お前も今から建築の本を読め。」と言われました。受験勉強がうまくいっていなかった私には、そんな余裕はなかったので、それはできませんでしたが、この先輩の言いたかったことは、「早く自分の好きなことを見つけなさい」ということだったのだと思います。

二つ目は、スマホによるコミュニケーションから離れて、会話のできる友人をたくさん作りましょう。自分の考えを伝え、他者の話を聞く、ということは、学問のみならず、社会の大原則だと思います。そのためにも、日常会話を大切にしましょう。

(令和1年7月23日)

●関連リンク

環境学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/