サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • 名古屋大学国際プログラムG30
    • TOPICS Back No.
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 高等研究院
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 名古屋大学公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 基礎セミナーA >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業内容

このセミナーでは、まず最近、興味や疑問を持っていて、調べてみたいことを質問として表現してもらいます。そして3~4人のグループでいろいろな質問のなかから一つを選び、仮説を立てます。その後、この仮説を検証する形で調査してゆきます。調査方法は文献調査、アンケート、簡単な実験などです。 最後に調査結果をグループで発表してレポートにまとめます。こうして身近な話題を通して大学での学びの姿勢の基礎を身に着けることができます。

** 第1部 導入部 **
オリエンテーション、自己紹介、グループ分け

** 第2部 グループワーク その1 **
グループでテーマと質問を決めて調査する
プレゼンテーションをする

** 第3部 グループワークとレポート書き**
グループを組み替えてテーマと質問を決め、個人の担当部分を明確にして調査する
プレゼンテーションをする
個人の分担部分をレポートにまとめる

履修条件あるいは関連する科目等

履修条件は要さない。

成績評価の方法

出席・グループ発表 70% レポート 30%で評価する。成績基準は『全学教育科目の履修の手引き』を参照。
学期途中で履修の取りやめを希望する場合は、担当教員の許可を必要とする。

教科書

教科書は指定しないが、必要に応じて授業で資料・参考書を示す。

参考書

必要に応じて授業中に指示する。

注意事項

授業の最後に毎回、次回までの課題を課すので、作業を完了して次回の冒頭で報告すること。

担当者からの言葉

Goals:
Courses designed to develop students' capabilities in the basic disciplines of reading, writing, and speaking through wide-ranging intellectual training and to help students learn both how to pursue truth and how interesting such an activity can be.

Theme: Group research on student life at Nagoya University
Objective: In this seminar, participants will acquire basic academic skills by framing research questions, conducting group research guided by their hypotheses, and presenting their research results.

最終更新日:2021年02月25日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/