タグ「プレゼンテーション」には 14 個の授業があります.

サイエンス(科学技術)の発展は目覚しい。身近な道具である携帯電話一つをとっても数年前までは予想もしていなかったような機能をもっている。最近は小走りするロボットも現れた。ところが,自然に目を向けると最近の科学技術にも負けないような素晴らしい機能や構造を持った生物が多く存在する。誰が創ったのかはわからないが,この自然の知恵を見つめて,科学を改めて考える。 セミナーでは,小グループに別れて科学と自然 ....

続きを読む →

大学生となって、身につけるべき情報リテラシーには多くのものがあります。名古屋大学では「情報リテラシー」という科目を文系・理系それぞれに開講しています。この基礎セミナーAでは数ある情報リテラシーの中でも、図書館情報学のアプローチから文献と情報の探索、図書館の利用方法、情報のまとめ方とプレゼンテーションに重点をおきます。また少人数かつ文理融合という特性を存分に生かした内容とします。 ....

続きを読む →

情報処理(コンピュータ・インターネット)の基本的なしくみを理解し、情報処理の実践的なテクニック(メールや情報検索・文章作成)を身に付ける。また、文章や図形をつかって情報を表現する手法についてテクニックと表現手法を身に付ける。 ....

続きを読む →

室内温湿度の動的評価,室内温熱環境の評価法,温熱環境の設計法などを基に,温熱・空気環境の設計に必要となる室内温湿度や空気清浄度,室内気流分布などの室内設計条件の 考え方を各種の用途の建物について解説し,それを基に空調設計,気流分布設計などを行うための室内熱負荷や室内気流分布の各種の予測・評価方法についての知識と,現在行われているそれらの予測・解析技術の実際の空間設計に対する適用性・運用事例と将来の ....

続きを読む →

* 対人コミュニケーションの諸研究テーマについて概観する * 対人関係の発展過程における、コミュニケーションの役割とその重要性を取り上げる * 対人影響の手段として、コミュニケーションの方略や態度変容の理論・モデルなどを紹介する ....

続きを読む →

大学での学術的活動で基盤となる情報リテラシーの習得を目的としている。本授業では特に文系学部生向けに、情報の伝達・収集・整理・分析といった情報関連技術の活用能力およびそのために必要な知識を、講義と実習を通じて主体的に身につけることを目指す。情報関連技術は時代と共に急速に変化していくものであるため、現時点でのソフトの使い方や知識を覚えるよりも、自分で必要な情報を探したり使い方を考えたりする活動を重視し ....

続きを読む →

以下を中心に進める。 1. 情報リテラシー概要 2. コンピュータ概説 3. 電子メールとテキストメッセージ 4. ネットワーク情報社会の倫理とマナー 5. 情報セキュリティ 6. インターネットによる情報検索 7. 電子図書館の利用と文献検索 8. 表計算ソフトによる情報分析 9. プレゼンテーション支援ソフトによるスライド作成 10. ワードプロセッサに ....

続きを読む →

日本では、「法」が適用される場面というと刑事裁判をイメージする人が少なくありません。しかし、「法」の本来の機能は社会の中の様々な紛争を解決することにあります。このセミナーでは、なぜ、「法」によって紛争を解決するという仕組みが要請されるのか、主に民事事件を素材に検討します。それを通じて、「法」の役割・意義について考えることがこのセミナーのねらいです。その中で、情報を調査・収集する能力、論理的な思考力 ....

続きを読む →


全てのタグ