理学部・理学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 理学部・理学研究科 >
  3. 部局紹介

理学部の教育

理学部はその名のとおり、自然の「理 (ことわり)」、すなわち基礎自然科学を学ぶところです。ここ名古屋大学理学部には、基礎自然科学の全ての分野がそろっており、数理学科、物理学科、化学科、生命理学科、地球惑星科学科の5つの学科で構成されています。1年次には各学科への分属はせず、主に基礎科目、教養科目を受講し、自然科学、人文科学、語学などについて幅広い教養を身につけます。この教育プログラムは、名大理学部教育の大きな特徴です。2年次からは、各学科に分属して専門教育が始まります。3年次にはこれまで学んだ基礎的知識の上にたって、各専門分野の進んだ知識を修得できるように、対象・課題探求に重点を置いた専門科目などが配置されています。そして、4年次では、自らの発想を駆使して課題に挑み、研究を展開することになります。

理学とは、「宇宙はどのように成り立っているのか」、「物質の根源は何か」、「生命とは何か」など、自然界を貫く真理を追求する学問です。私たちは、さまざまな自然の謎・疑問と出会い、それらを解明し、真理を自然から学んできました。解明された一つの「知」は、次なる「未知」を生み出し、この自然の「理 (ことわり)」の解明は永遠に続きます。私たちと共に、自然の提示する未知への解を求めて、一緒にチャレンジしようではありませんか。

理学研究科の教育

~自然界を貫く心理を解き明かす~

理学とは、研究者の知的好奇心と自由な発想によって、自然界を貫く真理を追求する学問です。名古屋大学大学院理学研究科では、自然の諸原理を追求する基礎自然科学の推進に向けて、「知の創造: 研究」と「知の継承: 教育」を重要な使命としています。

自然界には数多くの謎が隠されています。自然界の謎や疑問を解明して行く過程で、試行錯誤を繰り返し、未知の世界を解明して行きます。この自然界の謎を解き明かしたときの興奮と感動が、私たちを理学研究に駆り立てる大きな原動力です。ここ理学研究科には、研究テーマに自らの発想を駆使して挑み、のびのびと研究が進められる自由な雰囲気が伝統的にあります。研究対象のキーワードは、数学、素粒子、宇宙、地球、物質、生命などで、これらの研究分野で世界をリードする研究が行われています。自然の謎や疑問を知り、知的好奇心を刺激するテーマに向かって研究ができる場所、それが理学研究科です。私たちと一緒に、自然科学の各分野の基礎を徹底的に学びながら、自然界の謎を解明する理学の基礎研究の醍醐味を味わってみて下さい。

理学部・理学研究科長

杉山直 教授

理学部・理学研究科長の杉山直教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 理学部/理学研究科の強みを教えてください。

理学は学問の基礎・幹であり、その理学を学び、研究するのが理学部・理学研究科です。名大理学部にはノーベル賞受賞者4人をはじめとした先人の偉大な業績があります。現在も名大理学研究科内の様々な研究機関で世界トップレベルの研究が行われています。

2. 大学生活を通じどんな風に育って欲しいですか?

大学生活を通じ自分の力できちんと考えられるようになって頂きたいです。きちんとした学問の基礎を学ぶところが理学部・理学研究科です。その基礎を深いレベルで身につけて欲しいと思います。きちんとした学問の基礎があればどのような分野にも応用が効きます。また、世界を相手にする人になって欲しいと思います。スキルとして英語を身に着け、堂々と海外の人に意見を伝えられるようになって欲しいと思います。

3. 理学部・理学研究科のビジョンを教えてください

伝統の上に活発に教育研究をすすめるという点を世界トップレベルに高め、大学ランキングを上げていきたいと思います。より具体的には最近ジョイントディグリーという試みをはじめました。参加すると名古屋大学にいながら現在はエディンバラ大学と名古屋大学の両方の教員から指導してもらえ、博士論文を出せば同時に両校の学位が取得できます。今後はエディンバラ大学以外の大学も増やしていきたいと思います。

4. 杉山先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

印象に残った授業は量子力学の授業です。先生は何もノートを持たず、チョーク1本で完璧に1年間量子力学を語りきりました。その先生の印象深い言葉は「研究者を目指すなら、研究のプロにならねばならない、ファンの意識で研究をしてはいけない」というものです。研究者になる以上、全身全霊で研究に取り組まねばならないと理解しています。

(平成29年7月12日)

●関連リンク

理学部・理学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/