理学部・理学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 理学部・理学研究科 >
  3. 部局紹介

理学部の教育

理学部はその名のとおり、自然の「理 (ことわり)」、すなわち基礎自然科学を学ぶところです。ここ名古屋大学理学部には、基礎自然科学の全ての分野がそろっており、数理学科、物理学科、化学科、生命理学科、地球惑星科学科の5つの学科で構成されています。1年次には各学科への分属はせず、主に基礎科目、教養科目を受講し、自然科学、人文科学、語学などについて幅広い教養を身につけます。この教育プログラムは、名大理学部教育の大きな特徴です。2年次からは、各学科に分属して専門教育が始まります。3年次にはこれまで学んだ基礎的知識の上にたって、各専門分野の進んだ知識を修得できるように、対象・課題探求に重点を置いた専門科目などが配置されています。そして、4年次では、自らの発想を駆使して課題に挑み、研究を展開することになります。

理学とは、「宇宙はどのように成り立っているのか」、「物質の根源は何か」、「生命とは何か」など、自然界を貫く真理を追求する学問です。私たちは、さまざまな自然の謎・疑問と出会い、それらを解明し、真理を自然から学んできました。解明された一つの「知」は、次なる「未知」を生み出し、この自然の「理 (ことわり)」の解明は永遠に続きます。私たちと共に、自然の提示する未知への解を求めて、一緒にチャレンジしようではありませんか。

理学研究科の教育

~自然界を貫く心理を解き明かす~

理学とは、研究者の知的好奇心と自由な発想によって、自然界を貫く真理を追求する学問です。名古屋大学大学院理学研究科では、自然の諸原理を追求する基礎自然科学の推進に向けて、「知の創造: 研究」と「知の継承: 教育」を重要な使命としています。

自然界には数多くの謎が隠されています。自然界の謎や疑問を解明して行く過程で、試行錯誤を繰り返し、未知の世界を解明して行きます。この自然界の謎を解き明かしたときの興奮と感動が、私たちを理学研究に駆り立てる大きな原動力です。ここ理学研究科には、研究テーマに自らの発想を駆使して挑み、のびのびと研究が進められる自由な雰囲気が伝統的にあります。研究対象のキーワードは、数学、素粒子、宇宙、地球、物質、生命などで、これらの研究分野で世界をリードする研究が行われています。自然の謎や疑問を知り、知的好奇心を刺激するテーマに向かって研究ができる場所、それが理学研究科です。私たちと一緒に、自然科学の各分野の基礎を徹底的に学びながら、自然界の謎を解明する理学の基礎研究の醍醐味を味わってみて下さい。

部局長インタビュー

理学部・理学研究科長

松本邦弘 教授

理学部・理学研究科長の松本邦弘教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 理学部/理学研究科の一番の魅力を教えてください。

一番の魅力は、自由な雰囲気の中で勉学・研究をする、「自由闊達」な伝統と環境です。この風土の中から、世界の最先端をリードする基礎研究、さらにはノーベル賞研究が生まれるのだと思います。

2. 理学部・理学研究科の学生のことをどのように思いますか、また、どんな風に育ってほしいですか?

素直で優秀な学生が多いと思います。 自分自身の限界を決めないで、チャレンジをし続ける、そしてそれを楽しめる人になってほしい。

3. 理学部・理学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

ほとんどすべての授業で、双方向の講義が行われています。担当の教員が情熱を持って行っている、基礎サイエンスと最先端サイエンスの講義を楽しんで下さい。

4. 松本先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

私は学生の時、工学部の生物系の学科でしたが、生物学はただ覚えるだけの学問だと思い全く興味がありませんでした。ところが、遺伝学の講義でJacob、Monodの「オペロン説」に出会い、「生物学、特に遺伝学は論理的な学問である」という認識に至り、私の中の感性とビッタリと合いました。この授業が、私を遺伝学分野の研究者への道に導いたと言えます。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

理学部・理学研究科で目指して欲しい ことは、次の3点です。

  1. 自分の頭で考えることの出来る能力を身につけること
  2. 行き詰まった時にも楽しめること
  3. 指導者との出会いを求めること

(平成27年5月25日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

●関連リンク

理学部・理学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/