医学部・医学系研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 医学部・医学系研究科 >
  3. 部局紹介

医学部・医学系研究科の教育

名古屋大学医学部はその源を尾張藩校に発し、130年余の歴史と13,600人を超える卒業生を誇る日本でも最古の医学部の一つであると共に、21世紀の日本を支える医学・医療の拠点として活動しています。 名古屋大学医学部の活動は、4つの理念にまとめられています。 その要点は、

  1. 人類に寄与する先端的医学研究と医療技術の創成
  2. 医の倫理を尊重し、人類の幸福に責献する人材の育成
  3. 地域社会、わが国及び世界の医療の向上
  4. 医学研究・医療の中枢として開かれたシステムの構築

であります。 我々は、医学・医療を通じて社会に貢献することに深い使命感を持ち、国際的な視点を持って活動できる若い諸君の参加を願っています。

人間性豊かな実践的学問—新しい医学・医療をめざして—

我々の重要な使命は、安全で安心な日本の医療を向上させつつ、国際的な視点を持って明日の医学・医療を開拓できる人材を育成することにあります。私達の教育の特徴は、自立性の尊重と国際感覚の涵養にあります。医学科の学部教育では、学生の自主性を最も重視し、3年次に半年間の研究体験を提供し、その成果を国際学会、国際英文誌へ発表させています。6年次には、英語能力の高い学生を選抜し、ハーバード、ジョンスホプキンス、デュ ーク、ウィーン、フライブルグ大学等、欧米の一流大学で臨床実習を体験させ、国際感覚を涵養しています。更に卒業後は、日本で最高レベルの関連病院で、学生の意思を尊重した卒業後教育を提供し、臨床能力の高い医師の育成を図っています。

「日本の医の拠点」として、名古屋大学医学部は、この100年余に渡り、大きな社会的使命を担ってきました。私は、先達が築き上げてきたこの歴史に深い誇りを持ち、その使命に応え得る人材育成が進むことを願っております。

医学部・医学系研究科長

門松健治 教授

医学部・医学系研究科長の門松健治教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 医学部/医学系研究科の強み(醍醐味)を教えてください

健康、福祉の実現という高い志を持ち、豊かな知性を持つ人たちの集団だということです。その中で学ぶことで、医学医療に携わる者の哲学や生き甲斐を自然と学ぶことができます。

2. 大学生活を通じてどんな風に育って欲しいですか?

友人を得て交友を深め、また大いに勉学に研究に励んで欲しいと思います。名大医学部にはたくさんの特徴あるプログラムがあります。例えば、学生研究会、基礎医学セミナー、MD・PhDコース、海外臨床実習など。キャンパスライフを思う存分楽しんで欲しいと思います。

3. 医学部/医学系研究科のビジョンを教えてください

医学医療は尊い仕事です。我々の使命の一番はよき医療人、医学者を育てることです。名大はもう一つ大事なことを考えています。それは、医学医療を前進させることです。それには研究が不可欠です。従って、研究マインドを持った医師、医学研究者を育てることが、我々のもう一つの使命です。

4. 門松先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

解剖学の講義、実習。これらは医学教育のはじめにあり、印象深いものでした。病理の教授の講義。威厳があり格調高いものでした。臨床実習。仲間とドキドキしながら患者さんを診た体験は忘れられません。

5. 高校生へのメッセージをお願いいたします

私の恩師が教え子の一人に贈った言葉を忘れられません。自然に耳を傾け、科学に貢献せよ、というものでした。医療でも研究でも、患者さんや試験管の中の現象の向こう側に、今はまだ分からないけど、真理というべきものが隠されています。それを見出すとき、医学が、医療が前進するのです。高い志を持った学生諸君が我々の仲間に加わることを期待してやみません。

(平成29年6月18日)


学科長インタビュー

医学部・医学系研究科 (大幸) 統括専攻長

小嶋哲人 教授

医学部・医学系研究科 (大幸) 保健学科長の小嶋哲人教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 医学部保健学科・医学系研究科 (保健学) の一番の魅力を教えてください。

全国の保健学科の中でも数少ない、5つの学部専攻 (看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学) が揃っていることがあげられます。各保健学分野で他の分野との融合領域研究活動が容易にできることが魅力です。

2. 医学部保健学科・医学系研究科 (保健学) の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

高校までは教わる教育が主体なためか、学習態度に受け身の傾向があります。しかし大学では自ら学ぶ姿勢が大切で、十分な基礎学力のもとにどんなことに対しても自ら課題を見つけ自ら解決するすべを学んでほしいと思います。

3. 医学部保健学科・医学系研究科 (保健学) の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

1年次から全学教育科目に加え早期に専門科目授業を開始しており、各専攻での臨床実習とともにおよそ半年間の卒業研究を実施し、研究マインドをもつ専門職業人の育成を目指しています。また種々の海外研修プログラムにより、グローバルな視点をもつ人材育成にも力を入れています。

4. 小嶋先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

本学の卒業ではなく、また遠い昔のことでもあり、あまり記憶にありません。 ただ、病棟実習のために早朝から鴨川沿いの古い校舎に毎日集まったことが印象に残っています。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

何事にも努力を惜しまず、どうせやらなければならないことは楽しんですることをお勧めします。またディベートのできる基礎学力と応用力をともに身につけて下さい。

(平成27年7月8日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

●関連リンク

医学部・医学系研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/