多元数理科学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 多元数理科学研究科 >
  3. 部局紹介

多元数理科学研究科の教育

多元数理科学研究科では名古屋大学における数学の専門部局として、幅広い数学をオープンでフレキシブルな環境の下で学ぶことができます。教育の基本方針として、学生の皆さんが自主的に学ぶことを重んじながら「確かな基礎力」と「幅広い視点」を身につけることを目標としています。数学は論理を積み上げていく学問体系なので「確かな基礎力」が必ず要求されます。さらに数学では、基本的な内容をしっかりとした論理で積み重ねていくことによって最終的には高度で信頼性の高い構造物ができあがります。このような数学の特性を「幅広い視点」から位置づけていくことで、数学が社会に果たすべき役割が見えてくるのではないかと考えています。

部局長インタビュー

多元数理科学研究科長

納谷信 教授

多元数理科学研究科長の納谷信教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 多元数理科学研究科の一番の魅力を教えてください。

教員、学生を問わず多様な人々が数学を通して自由に交流できるオープンな雰囲気が整っていることだと思います。数学は論理を積み上げていく、ある面では厳しい学問体系ですが、人と人の繋がりを大切にして数学を楽しむことができる教育・研究環境を目指しています。

2. 多元数理科学研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

最近では、どこでも同じかもしれませんが、基本的には真面目でよく勉強していると思います。研究科のオープンな環境の下、人との議論やコミュニケーションを大切にするとともに、自分で考えるという学修・研究の姿勢を身につけて欲しいと思います。

3. 多元数理科学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

基礎を重視した系統的で多様なカリキュラムが用意されていることです。このため学生の皆さんは、自分のレベルや興味に応じた授業の選択が可能になっていると思います。特に大学院では、現在、留学生を含め名古屋大学以外から進学してくる学生が半数を超えていることもあり、数学の特色である基礎を重視しつつ、将来に向けて幅広い視野が獲得できるように配慮しています。またCafe Davidと呼ばれる合同オフィス・アワーに代表されるように学生が質問しやすい環境が整えられています。

4. 納谷先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

私が大学に入学した当時は、高校と大学の授業のギャップ(授業内容というよりは授業スタイルの面で)が今に比べて非常に大きかったと思います。その意味では1年生の時の微分積分学の講義は、これが大学の授業なのだという強烈な印象を与えるものでした。大学院に進学してからは、益川先生の素粒子論の講義を受ける機会があったことは幸せであったと思います。私の修士論文のテーマは、その当時、先生が興味を持っておられた問題と関係しています。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

数学がもつ大切な側面は問題を解くことで、これが数学の面白さ、魅力の源であることは否定出来ません。しかし単に問題が解ければよいというものではなく、最初はどんなに簡単なことでもよいので、自分の頭で考えるという姿勢が重要です。しばしば耳にすると思いますが、数学では問題の答えだけでなく、それを導く過程も大切なのです。その過程を見直すことによって、全く別の問題との繋がりが見えてきたり、新たな問題の種が見つかることがあります。そのためには様々な現象に対して好奇心を持ち、自分で考える努力を続ける必要があると思います。

(平成25年5月23日)

●関連リンク

多元数理科学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/