農学部・生命農学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 農学部・生命農学研究科 >
  3. 部局紹介

農学部・生命農学研究科の教育

農学は、人類の生存に不可欠な食料、環境、有用な物質などを生み出す生物の多様な働きを理論的、総合的に解明するとともに、その機能を高める技術開発を進めています。今日、地球規模での喫緊の課題である食・環境・健康・エネルギーは、農学の基盤的な研究分野であり、問題解決の先導者としての役割はますます重要になっています。

そのため、学部教育では共通基礎科目の上に、幅広い視野と専門分野の知識・能力を涵養する専門科目を積み上げる教育プログラムを実践しています。加えて、実験実習や体験学習により現場を意識した応用力や判断力を培う教育を行っています。大学院生命農学研究科では、農学的展開を常に意識しつつ、生物活動の本質を生命科学として解明し、新たな技術開発に貢献することを目指して研究を展開しています。大学院教育では、先端的な研究環境に身をおきながら、専門分野の高度な知識、技術を習得し、独創的研究の提案力、世界で活動する国際性、環境・社会を見渡す科学力と社会性を養う教育を推進しています。

部局長インタビュー

農学部・生命農学研究科長

川北一人 教授

農学部・生命農学研究科長の川北一人教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 農学部/生命農学研究科の一番の魅力を教えてください。

名古屋大学農学部は1951年に設置され、全国の農学関連学部としては比較的新しい学部です。名古屋大学の特徴である「自由闊達」な学風は農学部にも設立当初から植え付けられています。

以来一貫して、農学部・生命農学研究科は、基盤的学問の探究とその成果を活かした教育を特色としてきました。真理を探究する喜びを知り、学問の成果を国内外に活かすモチベーションを持てることが農学部・生命農学研究科の魅力です。

農学が今日抱える課題は、世界的人口増加に伴う食料確保、安全な食の保証、健康の維持と増進、人間の活動と自然環境との調和など多方面に広がっています。これらの課題解決に向けて、食・環境・健康にかかわる基盤的学問を探究し、その成果・技術を活かすことを農学部・生命農学研究科の使命としています。また、国際的な学術連携と教育交流を通して国際化を進め、世界とりわけアジア諸国との交流の拠点となることを目指しています。

また、農学は英語でAgricultureと言うように文化や教養にもかかわります。自然科学系だけでなく、社会科学や人文科学を含めた総合的な視点が必要です。農学は広汎で多様な背景を持つ学問であり、本学でも各分野から専門の異なる人材が集まっています。視野が広がり、複合的な学びができるのも農学部の魅力です。

2. 農学部/生命農学研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

農学部および生命農学研究科に入学する時点で、上記の農学が今日抱える課題意識を持っている意欲的な人が多いと感じますが、少なからず漠然としています。在学期間中に、創造的な研究活動を通して真理を探究する喜びを知り、課題解決に向けたモチベーションを持ってもらいたいと思います。

例えば、タイ・カンボジアの学生とグループワークを行う海外実地研修と海外学生受入研修を実施していますが、参加した学生の課題意識や視野、自身の進路についての考えが研修の前後で著しく変わることに驚かされます。

これからの社会では、従来の枠組みにとらわれずに分野融合的な新分野を創造することができるイノベーション人材、地球規模の視野とマインドを持ったグローバル人材が望まれています。学部・大学院に在学する間、様々な学びの機会を積極的に活かして、それぞれの道でプロフェッショナルな人材となることを期待しています。

3. 農学部/生命農学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

農学部・生命農学研究科では、イノベーション人材・グローバル人材の育成に向けて、幅広い基礎科学の知識と深い専門性を体系的に学べるような教育プログラムを実施しています。最先端の研究成果に基づく講義、主体的に学ぶ演習、体系的な実験実習、卒業研究、体験型研修など、学部と大学院が連携した授業があります。英語で受講できるプログラム、東南アジア諸国との密度の高い双方向性学生交流なども用意されています。

様々な背景と価値観を持った日本人学生と外国人学生が共に学び、学生の自発性を重視する教育を特徴としています。また、教授陣も多様な学歴 (農学だけでなく理学、医学、工学、教育学など) ・経歴と専門性を持ち、異分野の融合した活力が教育と研究の現場にも活かされています。

4. 川北先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

農学部・生命農学研究科は、設立当初から留学生の受け入れに積極的であったと聞いています。研究室でも常に数カ国からの留学生がおり、海外からの研究者の来訪もありました。他国を理解するためには自国についても知らなくてはなりませんし、自分の意見を持ち主張することは、多様な意見と価値観を尊重することでもあります。研究面でも、多様な背景の人々が携わることが活性化につながることを学びました。

5. 高校生へのメッセージをお願いします。

皆さんの将来の夢は何ですか。

世界の変革から個人の人生まで色々なレベルの夢を抱くと思いますが、それを実現するためには、何を学ぶ必要があり、どこでそれを学ぶ機会が得られるか、それを考えて大学と学部を選択することでしょう。自分の夢を実現する気概を持ってほしいと思います。

農学は人類と地球の存続をはかるための学問、すなわち平和を実現するための学問です。農学の持つ多様な側面を知り、魅力を感じて下さい。そして、名古屋大学農学部・生命農学研究科がそれらにどのように向き合い、取り組んでいるのかを知っていただければと思います。

高い志を持った国内外の若い人が集い、互いに多くを学び、それぞれの道でプロフェッショナルな人材となることを望んでいます。そのための「学びの場」を創る努力を私たちは続けていきます。

(平成24年5月14日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/