サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義2016 >
  3. 最終講義ー総合診療と医学教育の道を歩んできて >
  4. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:医学部・医学系研究科

伴信太郎 教授

最終講義ー総合診療と医学教育の道を歩んできて

授業時間 2016年度退職記念講義
日時 2017/3/9 16:00-17:30
場所 基礎研究棟(講義棟) 第4講義室

総合大学としての名古屋大学の魅力

2017年 3 月をもって名古屋大学を退任することとなりました。最初に、1998年10月に着任以来お世話になった先輩の先生方、同僚の皆さん、後輩の皆さん、事務の方々に感謝の意を表しておきたいと思います。

総合診療科は「全ての健康問題の窓口」となる診療科で、名大では私が赴任してから本格的な部門創りが始まりました。まず外来診療を名大病院の一室で開始し、その後数年して入院診療も開始しました。当初複数の臨床科の混成部隊であった教室員は徐々に総合診療を実践又は希求していた人たちに入れ替わって行きました。名大のような歴史のある医学部に新しい診療部門を創設する苦労はそれなりにありましたが、新しいことを始める楽しみはそれを上回るものでした。

名大に赴任した後の数年間は共通教育のカリキュラム作成に多少携わりました。私は臨床医ですが、医学教育に興味がありましたので、総合大学でこそ可能な、学部横断的な交流は一つの楽しみでもありました。また、その後教育学部や法学部の先生方とは総合大学ならではの学際的な交流ができました。今、アカデミアの発展は学際的なイノベーションが一つの方向性だと思います。Double degree の取得を始めとした学際的交流がもっと活発になれば、名大の魅力はもっともっと増すものと思います。

私は、公立単科医科大学を卒業し、その大学病院で 1 年間、米国でレジデントとして 3 年間、帰国後は国立病院で 6 年間、私立単科医科大学で 9 年間を過ごしてきましたが、名大での18年余が最も長い経験となりました。このような様々な職場環境の経験から私が感じますのは、総合大学の魅力です。名大が総合大学ならではのアウトプットを創出して、多様性に富んだ大学として今後も発展を続けて、世界でのプレゼンスを高めてゆくことを祈念しております。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/