サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報文化学部 >
  3. 複雑系科学実験Ⅱ >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業内容とスケジュール

(1)イントロダクション:本実験のスケジュールを説明し概要を解説する。(1回)

(2)多彩な花色は複雑な成分が自己組織化して超分子を敬意制することにより発色することがわかっている。この現象について、色素の抽出および発色実験により理解することを目的とする。担当:吉田久美教授(4,5回)

(3)DNA工学とバイオインフォマティクスは、環境応答やパターン形成、さらには進化といった複雑で動的な生命現象を理解する上で有用である。これら二つの技法について、受講者自身のゲノムDNAを分析するなどし、おもに実技を中心に学習する。
担当:青木摂之准教授(4,5回)

(4)計算機上に生物や社会集団を抽象化したモデルを創って動かすことでその創発的な振る舞いを理解する構成論的手法について、エージェントベースモデルや進化計算等を題材にいくつかのモデルを実際に構築したり、動かしたりすることを通じて、その方法論や応用への展開を理解する。担当:鈴木麗璽准教授(4,5回)

教科書・参考書

それぞれの担当教員が初回に資料を配布し、参考文献を指示する。化学、生物学、進化やシミュレーションに興味があることが望ましい。

成績評価

原則全ての授業に出席の上、課題レポートを提出したものについて、出席点比重50%、レポートの総合点比重50%で成績評価を行う。

最終更新日:2016年12月27日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/