サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 韓国・朝鮮語表現論演習b-日本語と韓国・朝鮮語の分節音の音声学・音韻論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:国際言語文化研究科

宇都木昭 准教授

韓国・朝鮮語表現論演習b-日本語と韓国・朝鮮語の分節音の音声学・音韻論

授業時間 2016年度後期金曜3限
対象者 博士前期課程、博士後期課程

授業の概要

この授業では、日本語と韓国・朝鮮語の分節音を対象とし、理論、方法論、具体的事例を行き来しながら、このトピックに対する理解を深めていきます。
なお、この授業では音響分析の実習も行う予定です。Praatという音響分析ソフトウェアを用い、音響分析の手法も学んでいきます。

授業の工夫

この授業の履修者として想定しているのは,韓国語音声学・音韻論に関心を持っている学生と,韓国語をほとんど知らないが一般言語学的な音声学・音韻論に関心を持っている学生の両方である。

このような背景知識や関心の異なる二つのタイプの学生のどちらにとっても有意義な授業になるよう,この授業では工夫をしている。具体的には,一般言語学的な基礎知識,日本語の現象,類似する韓国語の現象という流れで授業を展開するようにし,この流れを繰り返しながら様々なタイプの音声的・音韻的現象を扱うようにしている。

それにより,韓国語学に関心を持つ学生が,韓国語学の枠組みを超えたより広い視点から韓国語の現象を捉えることを可能にするとともに,韓国語の知識を十分に持たない学生でも未知の言語の現象を理解できるようにしている。

最終更新日:2017年06月19日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/