サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2015 >
  4. 最終講義 - 量子情報科学の発展 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:情報科学研究科

小澤正直 教授

最終講義 - 量子情報科学の発展

授業時間 2015年度退職記念講義
日時 2016/3/5 11:00-12:30
場所 情報科学研究科棟1階 第1講義室

垣根を越えて

学生時代は東京工業大学で情報科学を専攻しました。学際研究が奨励され、情報科学と量子物理学の境界領域で学位を取得し、これはライフワークになりました。6年間、助手を務めた後、学位取得後に手がけた数学基礎論の研究が縁で1985年名古屋大学教養部数学教室に赴任しました。理学部数学科の授業を担当し、伝統的な学問の重みを感じながら教員生活を始めました。

ほどなく、重力波の検出限界に関する論争に加わり、米国の大学に1年半ほど招聘され、物理学者の国際的な仲間ができました。帰国すると、大綱化、教養部廃止、大学院重点化と組織改変が相次ぎました。2001年に東北大に赴任し、法人化と北国の生活を経験しました。新しい不確定性関係を発表して、2008年に名大に戻り、欧州の大学と共同でその検証実験を実現しました。G30が始まり、私の研究室も外国人の正教員を迎え、外国人ポスドクを数名受け入れ、すっかり国際化してきました。

2016年2月12日、米国での重力波観測成功のニュースを聞きました。かつての論争を思い、感慨深いものがあります。これまで、名古屋大学の自由闊達な学風の下で、同僚、スタッフ、学生に恵まれ、充実した教員生活を送ることができました。関係するすべての皆様に心から御礼を申しあげます。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/