サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2014 >
  4. 最終講義 - 流砂の水理 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:工学部・工学研究科

辻本哲郎 教授

最終講義 - 流砂の水理

授業時間 2014年度退職記念講義
日時 2015/3/17 16:00-17:30
場所 環境総合館1階 レクチャーホール

名古屋大学定年退職にあたって

先週は卒論・修論の研究発表・審査、今週には博士論文公聴会・審査、大学教員としての最後の大事な仕事に望んで、想像してなかった感慨がある。学生生活とともにスタートした京大、初めての雪国の金沢大、そして名大と概ね1/3ずつ、またこの間、スイス工科大ローザンヌ校に1年招へいされ、東大に3年間併任して研究や学生指導を経験した。学生時代を含めて機関や学生の気質が異なっても、真摯に現象を見つめ、自ら研鑽する努力の流れに身をおくことができた。専門分野の特徴として、自然現象を理解し、その機能に人間とのかかわりを見出し、それを制御する技術を産み出し、さらにそれが進められる仕組みについては、学を越えて官・民と連携していく中で、大学は多くの人と交わる拠点となった気がする。

工学の教育では、基礎科目から専門科目への切れ目ない流れを学生に提供することを大事にしてきた。技術はしばしばマニュアル化して基礎から遊離しがちであることに憂慮したのである。基礎をすっ飛ばして技術を学んでも現場対応は出来るのだが、大学を出た技術者は何を身につけて、社会でどういう役割をするかが大事なところだ。基礎の論理の流れこそ、大学でコースワークされねばならないし、それに加えて自らも継続的に体系化された学術を身につけていくべきなのだが、現代の風潮にはどうも合わないのかが気がかりだ。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/