サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2014 >
  4. 最終講義 - 次世代の糖鎖科学をめざして >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:医学部・医学系研究科

古川鋼一 教授

最終講義 - 次世代の糖鎖科学をめざして

授業時間 2014年度退職記念講義
日時 2015/3/27 15:00-16:30
場所 基礎研究棟 (講義棟) 第4講義室

新しい人生の門出として

1969年に名古屋大学に入学して1975年に卒業しましたが、教授として赴任したのは1997年です。いわゆる「東大安田講堂の攻防」があり東大入試が中止となった年に入学してから6年間の学生生活は、それまでの私の人生になかった疾風怒濤の時代であり、また大学にとってもダイナミックに揺れ動いた時期でした。1984年から5年間のニューヨークスローン・ケッタリング癌研究所での留学時代、1989年からの長崎大学医学部での8年間には、外からじっくりと名古屋大学の有り様を見つめることになりました。1997年以来18年間にわたり、学生教育ではおもに生化学を担当し、研究では癌と神経変性を中心に糖鎖生物学を推進してきました。名古屋大学に帰ってきた後の研究生活は、人生の中で最も長い期間になるのですが、今一つ印象が弱く、短い言葉では言い表すのが困難な感じです。思うに、あれこれと科学的な興味にまかせて挑戦したわりには、達成できたことが少な過ぎるせいだと、ふりかえっています。研究室を移って、新しい挑戦を始めよう、と考えた時、これまでの蓄積を再認識して、それを足場にして、しかし何らかの新次元の世界に踏み込もうと誓っています。定年を新しい人生の門出として、自らひそかに祝杯を上げるとともに、お世話になりました全ての皆様に、感謝の意を表したいと存じます。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/