サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 法学部・法学研究科 >
  3. 先端分野総合研究(外国人と法) >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

到達目標

  1. 日本における外国人の状況は、法の眼でみるとどのように見ることができるのか、その全体的動向を把握し、背景を理解する。
  2. 入管法をめぐる主要問題について、実務的側面を含む基礎的知識を修得し、 入管法の構造について問題意識をもつ。
  3. 入管法を変動させる重要な要因となっている国際法的規制について、それら の内容と性格、日本法における適用状況についての基礎知識を修得する。
  4. 外国人法政策をめぐる最近の議論とその背景について基礎知識をもち、今後 の変動に対応できる問題意識をもつ。
  5. 入管難民法についての調査について基礎を修得する。

教科書

松井芳郎ほか編『ベーシック条約集』2011年版または2010年版(東信堂)
※講義に携帯してくること。

参考書・参考資料

  • 山田鐐一・黒木忠正『よく分かる入管法〔第2版〕』(有斐閣、2010年)
  • 薬師寺公夫ほか『法科大学院ケースブック国際人権法』(日本評論社、2006年)
  • 「日本の国際法判例」研究会(第2期)「解説・日本の国際法判例(1)~(5)」国際法外交雑誌106巻1号、4号、107巻4号、108巻4号、109巻4号
  • 松井芳郎ほか編『国際人権条約・宣言集〔第3版〕』(東信堂、2005年)

その他、適宜指示する。

履修条件

法科大学院「国際法II」ないしそれに相当する法学部科目を履修済みであることが望ましい。

授業時間外の学習活動

第1回
リンクにある外国人登録法、入管法のテキスト(後者は条約集にもあり)を参照し、関連条文および入管法別表の在留資格に対応する活動・身分を調べておく。 資料にある外国人統計を見て、予備的検討を加えておく。
第3回
2009年改正後(未施行)の特別永住制度について、レジュメとリンクにある法文を参照し、その内容を確認しておく。 年表を参照し、歴史的経緯について疑問点を整理しておく。
第4回
新たに導入された中長期外国人の在留管理制度(在留カードと住民票)について外国人登録制度と比較しておく。 退去強制手続の流れを条文により確認しておく。
第5回
難民条約が難民に何を保障し、何を保障していないか、条約のテキストを確認する。 難民条約上の難民の定義について条文テキストを確認し ておく。
第6回
レジュメに即して、難民にかかわる入管法の規定を確認しておく。 難民認定の意義に関する名古屋地判2004・4・15に目を通しておく。
第7回
レジュメに即して、条約の各条文を確認しておく。 ゼーリング事件、キンドラー事件について資料を読んでおく。 入管法53条3項を検討しておく。
第8回
崔善愛事件・福岡高判1994・5・13の概要を確認しておく。 レジュメに挙げられた条約の条文を確認しておく。
第9回
東京地判2008・1・17(カルデロン事件)、福岡高判2005・3・7および東京地判2007・8・28を検討しておく。 関連条約規定を確認しておく。在留特別許可に関する資料に目を通しておく。

スケジュール

(第2、10—14回は担当外の為、掲載しておりません)

講義内容
1

オリエンテーションおよび日本の外国人

  • 講義全般についてオリエンテーションを行う。
  • 外国人登録制度および在留資格について、ごく基礎的な知識を修得する。
  • 在留資格別外国人統計を見て、日本の外国人の動向についてその概要を把握し、その背景を考える。
3

在日コリアンの歴史と法

  • 在日コリアン・コミュニティーの生成と展開について基礎的知識を得る。
  • 日本在留の根拠がどのように変遷してきたかについて基礎的知識を得る。
  • 特別永住制度の概要を理解する。
  • 在日コリアンの法的地位について、どのような問題があるかを理解し、議論できるようになる。
4

在留管理の仕組みと退去強制制度

  • 在留資格制度について基本的知識を確認する。
  • 中長期外国人の在留管理制度(2012年施行)について基本的知識を修得する。
  • 退去強制制度について基本的知識を修得し、その問題点を議論できるようになる。
5

難民の国際法と日本法(その1)

  • 難民の国際法について基本的知識を修得する。
  • 難民現象とはどのようなものであり、どうして国際的対応が必要とされたのか、ということについて知識を修得し、そこから現代の難民法についてその問題点を議論できるようになる。
6

難民の国際法と日本法(その2)

  • 難民に関する日本法について、基本的知識を修得する。
  • 判例による難民の概念の問題点を理解する。
  • 難民認定手続および申請中・申請後の難民の地位について基本的知識を修得する。
  • 日本の難民法の問題点について、議論できるようになる。
7

ノン・ルフールマン原則とその実施

  • ノン・ルフールマン原則(意訳すれば人権侵害の防止のための追放・送還禁止の原則)の規範の多様な存在形態について理解する。
  • 同原則をめぐる主な問題点について基礎的知識を修得する。
  • 同原則の日本法における実施状況について、問題状況を把握する。
8

国際人権法による在留保証(1)

  • マクリーン判決の法理を再確認する。
  • 「自国」に戻る権利という概念によって、一定の範囲の外国人の在留が保障されることを理解する。
  • 「自国」の範囲をめぐる国際判例・実行と国内判例の立場を理解する。
  • 私生活・家族生活の尊重を受ける権利と外国人の在留保障についての国際判例の動向を理解する。
9

国際人権法による在留保証(2)

  • (家族)生活の尊重の要請から導かれる在留保障についての国内判例の動向、および関連する在留特別許可の実行について、基礎知識を修得する。
  • 退去強制手続を統制する国際人権法基準を理解し、日本の手続について問題意識をもつ。
15

まとめ

  • 必要に応じ、最終レポート作成についての相談に応じる。成績評価後、評価などについての個別面談に応じる。

成績評価方法

  • 課題への回答、講義での受け応え等の平常点50%
  • 最終レポート50%
最終更新日:2011年11月24日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/