サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 言語文化学方法論a:表象の領域—普遍的イメージの成立を巡って >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

教科書・参考書

全体では特にない。しかし、「病気」に関しては以下の図書が参考になる。

  • シゲリスト『文明と病気』(岩波書店、岩波新書)
  • 立川昭二『病気の社会史』(NHK出版)
  • 福田眞人『結核の文化史:近代日本の病のイメージ』(名古屋大学出版会)
  • 福田眞人『結核という文化:病の比較文化史』(中央公論新社)
  • 福田眞人『北里柴三郎:熱と誠があれば』(ミネルヴァ書房)

授業の内容

  1. イントロダクション。表象の具体的提示。ディスカッション。
  2. 分析と考察の方法論。ディスカッション。
  3. 典型的な日本文化を表象するものの例示。
  4. 「富士山」の表象するもの、表象されるもの。
  5. 「美人」という表象。
  6. 病気がもたらす美人像の変化。佳人薄命。現実と空想の狭間で。
  7. 「自然」の呪縛とそこからの解放。
  8. 「不気味なもの」の意味について。
  9. 「病気」とは何かの表象について。
  10. まとめ。

成績評価

授業参加が重要。発表と、報告書が双方同じ程度に評価の対象となる。つまり発表(50%)、レポート(50%)

最終更新日:2011年04月26日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/