サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報文化学部 >
  3. アルゴリズム >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

講義の目標

問題を解くための計算法であるアルゴリズムについて、それを理解する素質と、代表的なアルゴリズムについての知識を得ます。また、アルゴリズムを利用して、具体的に問題解決を行うための力を、数値解析の遂行なども取り入れつつ、身につけます。さらに、コンピュータの機能と、プログラミングに関する見識を深めます。

授業内容

  1. BNF(バッカス・ナウワ記法)、正規表現。
  2. 基本アルゴリズムと再帰。
  3. リストとハッシュの処理に関するアルゴリズム。
  4. 接点と枝からなるグラフの処理に関するアルゴリズム。
  5. 木構造の処理に関するアルゴリズム。
  6. 整列(ソーディング)に関するアルゴリズム。
  7. 探索による問題解決。
  8. 情報理論。

教科書・参考文献・履修条件等

  • 教科書:特に指定しません。
  • 参考文献:必要・相談に応じて、適宜、紹介します。
  • 履修条件:プログラミング1で講義目的とされている事項を理解し、これらを宿題などとして行った結果を、レポートとして提出します。

この授業で力点を置く基礎能力

基礎能力の重み付け(*で5段階表示)
基礎能力 論理的思考 人工言語リテラシ 自然言語リテラシ
重み付け ***** ****
  • 問題解決の方法を形式的にまとめ、再認識するための論理的思考能力を高める。
  • 人工的な表現に従ったアルゴリズムにより、問題を解決する能力を高める。

授業期間中の課題・宿題等

アルゴリズムを利用するための課題を、適宜、指示し、これらを宿題などとして行った結果を、レポートとして提出します。

アルゴリズム・課題 (PDF 文書, 65KB)

スケジュール

スケジュール
1BNF,正規表現
2基本アルゴリズムと再帰(プログラミングの復習)
3リスト処理
4ハッシュ処理
5グラフ処理(グラフの定義とコスト最小生成木)
6グラフ処理(無向木、有向木の最小コスト)
7木構造(木構造の定義と、トラバース、2分木)
8木構造(完全2分木の構成,ヒープ)
9木構造(完全2分木の操作と、その他の木)
10整列(古典的な整列)
11整列(マージソート、クイックソート、ヒープソート)
12整列(その他の整列)
13探索(単純な探索)
14探索(コストを考慮した探索)
15情報理論

成績評価方法・基準

レポート課題と期末試験による総合評価。

成績は、アルゴリズムを理解する素質、アルゴリズムに関する知識、アルゴリズムを問題解決に役立てる力を確認すること、 および、出席状況で、評価します。標準的な判定基準は、授業期間中の課題の成果と出席状況40%、期末試験の成績60%とします。

最終更新日:2011年02月14日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/