サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 心臓調律の成立と破綻 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介

開講部局:環境医学研究所

児玉逸雄 教授

最終講義 - 心臓調律の成立と破綻

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/03/12 15:00-16:00
場所 野依記念学術交流館2階カンファレンスホール

東山キャンパスの47年

私は、教育学部附属高等学校2年(1963年)から、東山キャンパスに通っていますから、約半世紀をここで過ごしたこと になります。医学部を卒業した後は、4年間静岡の病院に勤務しましたが、1975年からは環境医学研究所で心電図・不整脈の基礎研究を行うようになりました。当時は心臓の細胞電気生理学が脚光を浴びており、私も心筋活動電位の観察に明け暮れる毎日でした。研究所は東山キャンパスの最も奥まった位置にあり、自然の木立に囲まれたすばらしい環境です。梢の蕾と小鳥のさえずりに春の訪れを感じ、満開の桜に行く春を惜しむ。輝くような若葉に夏の訪れを、そして降りしきる落ち葉に冬の訪れを思うことができました。その後、助教授を経て教授に就任(1993)しましたが、四季の移ろいを味わうよりも、日々の業務に追われるようになりました。

大学は法人化(2004年)された頃から、競争原理が全てに優先し、 目に見える数値で常に成果を出すことを求められ続けています。その一方で、教員が瑞々しい感性で、研究・教育に携わることが難しくなってきています。未知の世界にチャレンジし、情熱が情熱を生み、感動が感動を呼び起こす大学本来の気風が、世代を超えて受け継がれてゆくことを祈念いたします。長い間、私を支えて下さった多くの先輩の方々、友人、後輩の皆様に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/