サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2009 >
  4. 最終講義 - 日本・スコットランド教育文化交流の諸相−明治日本とグラスゴウ− >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

開講部局:教育学部・教育発達科学研究科

加藤鉦治(詔士) 教授

最終講義 - 日本・スコットランド教育文化交流の諸相−明治日本とグラスゴウ−

授業時間 2009年度退職記念講義
日時 2010/2/1 14:00-15:00
場所 教育学部大講義室

定年退職をむかえて

あこがれてやっと入った名古屋大学。学ぶことが楽しくて大学院まで学び続けた。助手に採用され、やがて、慕いつづけた思師の後をおって教育史講座の教員として就任。名古屋大学にはのべ20余年も勤められたのだからありがたい。神戸商科大学(現在の兵庫県立大学)での11年間を含んで、34年間の教員生活ということになる。 名古屋大学に職を得たことは、誠に幸いであった。父母に孝養をつくしながら、学問を中心にしたライフスタイルをという願いは、どうにか叶えられたように思う。好きな教育史の研究と教育を存分に楽しみながら、毎日の生活を自分の流儀で充実していく。かけがえのない一日一日をおだやかに送る、ということも叶えられたように思う。

研究では、向上心をもった英国成人の自己学習と余暇充実を求める活動に関心をもち、その実態史研究にのめり込んだ。その英国と日本の教育文化交流史研究にも手を染めた。 研究であれ教育であれ、実に恵まれていたと思う。恩師はもちろん、学生、先輩、それにとても有能な事務職員に、いつもまわりで支えていただいた。感謝せずにはおられない。 気ぜわしい時節であるだけに、これまでのような名古屋大学であってほしい。旧帝国大学としての品格とかけがえのない歴史を大事にしてほしいと願う。 キャンパスの桜は、今年もまた蕾が膨らみはじめている。豊田講堂前のこぶしも、まもなく白い花を開くであろう。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/