サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2008 >
  4. 最終講義 - 学校臨床社会学の構想 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:教育学部・教育発達科学研究科

今津孝次郎 教授

最終講義 - 学校臨床社会学の構想

授業時間 2008年度退職記念講義
日時 2009/2/13 15:00-16:30
場所 教育学部大講義室

EdD コースの開設

私の研究は「発達社会学」と「学校臨床社会学」の二つの領域にまたがるが、その歩みについては『人生時間割の社会学』(世界思想社、2008年12月刊)と「学校臨床社会学の構想」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要』(2009年3月刊)にそれぞれ詳しく記したので、ここでは1986年に本学に赴任してから23年間の勤務のなかでもっとも印象に残る教育上の経験について記したい。それは我が研究科が2006年4 月に高度専門職業人養成としてのEdD(Doctor of Education)コースを日本で初めて開設したことである。

2000年4月の大学院重点化に伴う大学院の多様化として、本研究科も修士課程に高度専門職業人養成コースを開設、博士課程(PhD)に社会人特別選抜も導入して、社会人に向けた大学院教育の開放を開始した。それから6年後にEdDコースが全国に先駆けて設置された。大学研究者中心のPhDと異なるEdDは英米ではポピュラーで、教育実践者や教育マネジメント担当者などが取得するいわば高度教育職業専門資格であるが、日本ではまだほとんど知られていない。私はEdDコース第1期生の一人を指導した。高校の数学教員で県立高校長を歴任した年輩者である。キャリアアップのためではなく、教師教育に長年携わってきた集大成としての博論作成であった。私は共同研究をするというスタンスで臨み、この3年間お互いに実に大きな収穫があった。全国初のEdD学位第一号がまもなく誕生する。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/