サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2008 >
  4. 最終講義 - やったこと、やれなかったこと、やらなかったこと−対照言語学と言語教育− >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

小坂光一 教授

最終講義 - やったこと、やれなかったこと、やらなかったこと−対照言語学と言語教育−

授業時間 2008年度退職記念講義
日時 2009/2/6 15:00-16:30
場所 文系総合館7階カンファレンスホール

偶然の有効利用

中学生のとき、国文法の授業が面白くて仕方なかった。この国語の先生との偶然の出会いが言語学の道に繋がったと言える。話せば長くなるので、一切を省略するが、大学でドイツ語学を専攻したのも偶然の結果だ。何しろ、入学してすぐの第1回目の授業ではフランス語のクラスにいたのだから。ある偶然からドイツ語に変更した。その後、英文科に進学したが満足できず、ドイツ語学に転専攻。ある先生との偶然の出会いが私の進路を変えたのだ。さらに、秋田県生まれの私が故郷から遠く離れた名古屋大学の大学院に入ったのは偶然が何重にも重なった結果だった。このように、人生は偶然の積み重ねだ。だとすれば、真の実力というのは「偶然を有効に利用できる力」だと言えるのではないだろうか。

38年間の教師生活(名大では29年間)は人間との出会いそのものだった。本当に皆様のお世話になった。特に事務の人たちには、問題視されても不思議でないくらいよく面倒を見てもらった。何でもやってもらえた。また、教養教育院の専任教員を「兼務」することにより、他部局の多くの先生と懇意になれたことも財産の一つだ。しかし、反面教師でしかあり得ない私が38年間という長い時間を大過なく過ごしてこられたのはとりわけ学生に恵まれていたからに他ならない。結局彼らは私の「生涯の財産」となった。今、38年分のすべての受講者名簿を大事に携えて大学を去る。皆様に心から感謝しつつ……。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/