授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・人文学研究科 >
  3. 環境行動論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

廣瀬幸雄 教授

環境行動論

授業時間 2008年度前期水曜1限
対象者 文学部2年次生以上

2単位、週1回全15回

授業の内容

廃棄物、水、交通、エネルギーなどに関する多様な環境問題についての消費者・住民の認知・態度・行動の特徴やその規定因との関連を、環境心理学の視点から解明する。あわせて、グローバルおよびローカルの環境問題の解決に対して心理学がどのような貢献をできるのかを、環境ボランティアや環境NPOによる様々な環境問題への取り組み事例などをもとに、アクションリサーチ、フィールド実験、擬似実験、社会調査、事例分析などの研究アプローチの意義とともに考察する。

授業の工夫

環境問題は、人間が個人としてあるいは組織として行動した結果生じることがほとんどです。ですから、環境問題に対して人がどのように認識し、どのように行動するのかについての心理学的な理解が必要になります。授業の最初には、現実の環境問題を単純な事態で再現したゲームシミュレーション(産業廃棄物の不法投棄と管理の問題)を体験します。受講生が、その仮想体験にもとづいて、現実の問題を自分の問題として分析し、問題解決に何が必要かを考えるようにオリエンテーションを行っています。

環境にかんする心理学的研究は、人間と環境との相互依存のなかで生じるさまざまな環境問題を研究対象としていますが、全ての事例を詳しく紹介することはできないので、講義では、地域レベルの環境問題(ゴミ問題とリサイクル,渇水,生活排水汚染,省エネルギー,公共交通など)の事例を中心にとりあげて、それぞれについて心理学からどのように理解できるのか、またその解決に心理学がどのように貢献できるのかを紹介します。

最終更新日:2009年09月02日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/