タグ「電磁気学」には 10 個の授業があります.

電気電子材料の基礎である固体中の電子の挙動ならびに固体の電気電子物性について学ぶ。 ....

続きを読む →

物理学には「力学」「電磁気学」「熱・統計力学」「量子力学」など重要な学問体系がある。この中で、「解析力学」は力学体系のうち、数学的手法を用いる比較的高度な内容を含むものである。そもそも力学はニュートンの3原則をもととして体系化されている。そのなかでニュートンの運動方程式は物体の運動を記述するものであるが、この基礎方程式は、このほかにもラグランジェ形式とハミルトン形式からも導かれる。本講義・演習では ....

続きを読む →

歴史をひもといてみますと、数学と物理は互いに大きく影響をおよぼし合 いながら発展してきたことが分かります。19 世紀以前ですと、ニュートン力学と微分積 分や位相幾何学、電磁気学とベクトル解析などが代表的なものです。20 世紀そして今世 紀になると、その関係は更に深くなってきています。ですから、数学をより良く理解する ためには、物理を全く無視する訳にはいきません。 本講義では、数学と物理の関わりにつ ....

続きを読む →

今日の医療技術では,放射線,電子計測器,高磁場,超伝導など,物理的な技術や 測定の知識がますます重要になっている。 本授業ではこのような物理の教養を,実際の物理現象を観察し,様々な物理量を測定し,背景にある法則を理解することによって習得する。この中には,基本的な物理測定の方法と原理,実験の技術などを習得することが含まれる。さらに,演習を通して測定データの記録と処理,表現の方法についても学ぶ。 ....

続きを読む →

電磁気学 I では、固定された電荷がある場合、その電荷によって影響を受ける、即ち力を受ける別の電荷にとっての電界や、一定の速度で電荷が運動するとき、その周りにどのような磁界ができるかを定式化して、様々な例についての電界・磁界の解析を行います。 ....

続きを読む →

本講義では、現代科学技術における重要な基礎分野の一つである電磁気学を学び、その基礎概念と手法について理解を深めるとともに、電磁気学とその概念を利用した理工学分野を学ぶための基礎学力を養う。本講義では、真空中や誘電体および導体をふくむ空間に、電荷が分布していて時間的に変化しない静的な電界(電場)について学ぶ。 ....

続きを読む →

宇宙論は、この宇宙全体がどのようにはじまり、どのように進化するのか、そもそも宇宙とはなにものなのかを明らかにしようとする研究分野である。最近のめざましい観測の進展を背景として、宇宙論の研究は大きく発展している。本講義では宇宙論の最近のトピックのいくつかに焦点を当てて紹介する。 ....

続きを読む →

放射線計測の基礎的事項、特に放射線検出器の物理と測定原理の理解を目的とする。最終的に、各放射線の測定に対して、適切な測定システムを選定できる能力を培う。 ....

続きを読む →


全てのタグ