タグ「ディスカッション」には 25 個の授業があります.

....

続きを読む →

昨年度から附属学校の校舎のあり方を考え、提案する設計課題を名大建築3年生の設計演習の中で取り組んでいます。日本の学校建築は戦後、標準化された校舎建築を全国一律に適用する方法で建設されてきました。皆さんが勉強し、生活した学校は、通った学校は違えども、おそらく同じような校舎だと思います。しかし、学校建築のあり方を考え直す機運は1970年代からあり、全体の数からすればまだまだ少ないですが、新しい学びの場 ....

続きを読む →

家族看護とは何か,家族看護における看護職の役割,健康問題を中心にした家族看護アセスメント方法および家族全体のQOLに資する援助方法の基本について講義する。 1. 家族看護の定義と目標および家族看護学の主要な理論について説明できる。 2. 家族の発達段階とその特徴,各期における家族の発達課題について説明できる。 3. 家族アセスメントの目的と方法の概要が説明できる。 4. 健康 ....

続きを読む →

サイエンス(科学技術)の発展は目覚しい。身近な道具である携帯電話一つをとっても数年前までは予想もしていなかったような機能をもっている。最近は小走りするロボットも現れた。ところが,自然に目を向けると最近の科学技術にも負けないような素晴らしい機能や構造を持った生物が多く存在する。誰が創ったのかはわからないが,この自然の知恵を見つめて,科学を改めて考える。 セミナーでは,小グループに別れて科学と自然 ....

続きを読む →

この授業では、まず本学における留学生受け入れの実態を把握し、留学生が勉学その他の日常生活で直面する問題点を取りあげ、ディスカッションを行います。次に、グループ分けを行い、それぞれグループでテーマを決め、資料を作成し発表してもらいます。グループの中には必ず留学生を入れ、専門用語や背景知識の伝達をその場で行うことで、留学生に分かりやすく説明するテクニックを学ぶことにします。 この授業は、留学生セン ....

続きを読む →

20世紀を通して発達したマス・コミュニケーション型メディア・システムは、インターネットやケータイなどの普及によって新たなかたちへと変化を迫られている。本講義では、前半でマス・コミュニケーション型社会の生成過程と研究の系譜を振り返り、後半では、今後のメディア社会の現状と未来をワークショップやディスカッションといったアクティヴ・ラーニングの手法を交えながら、批判的、実践的に考察していきたい。 ....

続きを読む →

以下のトピックについて学びます。扱うトピックは、 1. 個々人がどのように異なる言語やスタイルを使い分け、コミュニケーションにおける課題を解決しているか、また 2. 個々人の言語活動が、言語変化などより大きなスケールでの現象とどのように結びつき、また社会はそれにどう対応していくのかという2つの問題に大きく分けることができます。授業中は、英語による議論への積極的参加が求められます。 ....

続きを読む →

室内温湿度の動的評価,室内温熱環境の評価法,温熱環境の設計法などを基に,温熱・空気環境の設計に必要となる室内温湿度や空気清浄度,室内気流分布などの室内設計条件の 考え方を各種の用途の建物について解説し,それを基に空調設計,気流分布設計などを行うための室内熱負荷や室内気流分布の各種の予測・評価方法についての知識と,現在行われているそれらの予測・解析技術の実際の空間設計に対する適用性・運用事例と将来の ....

続きを読む →

本授業は,18歳未満の発達期になんらかの障害をもった子どもたちが乳幼児期から成人,老年期に至るまでの作業療法の治療理論と技術を学習し,身につけることを目指しています.病気や事故から生じた障害と共に,子どもたちが自分らしく社会と共生しながら,自己実現できるような支援体制の中で,子どもたちにとって意味のある作業活動(例えば,日常生活活動,遊び,趣味,学習,買い物,レジャーなど)を手段として作業療法を実 ....

続きを読む →

この授業では英語劇を行います。シナリオ作りやセリフの暗唱などを通じて、能動的に英語を発信する技能を磨きます。英語を話すことに慣れ、豊かな表現能力を養うとともに、グループで協力してひとつの劇を作り上げることで協調性と創造力を伸ばすことが、この授業の目的です。 ....

続きを読む →

父、母、子という三角関係によって成り立つファミリー・ロマンスは、どのようにして生まれたのか?なぜ、父、母、子でなければならないのか?そこに存在する法則とは何か?これらの問題を考えるために、授業では、まずレヴィ=ストロースによる家族構造の考察と、精神分析理論における父、母、子の関係を紹介する。その後で、ファミリー・ロマンスの解体に向けて、脱構築と言説理論およびクィア理論の可能性をそれぞれ模索する。そ ....

続きを読む →

われわれは日頃相手の表情を見たり、行動を解釈することによって、その人の心理状態を推測しており、ある意味では、人はみな日々の生活のなかで素朴な観察を行っているといえる。しかし心理学の研究方法である観察法は、単に目で見て判断するということ以上の、科学的研究としての方法論に基づいている。本授業では、観察法という研究方法の基本と、観察によるデータの収集および分析の方法について、受講者が実際に経験しなが ....

続きを読む →

本講義のテーマは、アジアにおけるマス・コミュニケーション史である。前期『アジアのメディア』の授業内容を踏まえ、本講義では、アジア諸国におけるマス・コミュニケーションを通じた報道が、いかに国内の政治体制や経済水準および開発状況によって影響を受けてきたか、そうした中でメディアはいかなる役割を果たしてきたのか、また、そうした中でマス・コミュニケーションがメディアや政治に与える影響はいかなるものであったの ....

続きを読む →

今年度は、アングロサクソン圏の教育思想と歴史をたどりながら、社会・文化・経済と教育の発展についてともに考えていく。特にアメリカに誕生した哲学、教育思想、教育実践を概説する。 ....

続きを読む →


全てのタグ