授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • 名古屋大学国際プログラムG30
    • TOPICS Back No.
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 高等研究院
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 名古屋大学公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 生物学実験 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス

開講部局:教養教育院

塚田祐基 助教

生物学実験

授業時間 2020年度前期火曜3、4限
対象者 G30、理学部1年生

一分間授業紹介



授業の目的

本授業科目は,自然科学系分野の学問体系を認識するとともに,自主的判断能力を培うことが目的である。
本実習は、動物、植物および微生物の取り扱い方法、観察方法、実験観察 器具の操作法などをそれぞれ修得すると共に、肉眼や顕微鏡による多様な生物の観察、解剖、実験を通して、生物の構造と機能についての基礎的な理解を得ることを目的とする。またそれにより、構造や機能と遺伝子の関係を学び、観察の学問であった 古典生物学から分子的理解を追求する近代生物学への流れを理解することを目標とする。

授業の工夫

実習なので顕微鏡の操作を実際に体験し、生命現象を自分の目で見て感じること、そして観察したことや感じたことについて深く考えることに重点を置いている。その上で、科学的なものの考え方と、そこから得られることが伝わるように授業を構成している。
特にこの授業では生命現象を観察することや、その仕組みについて考えることが楽しいという感覚を体験して欲しいので、教室をリラックスした雰囲気にして、観察に自然に集中できるように心掛けている。

最終更新日:未公開
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/