授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • 名古屋大学国際プログラムG30
    • TOPICS Back No.
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 高等研究院
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 名古屋大学公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際開発研究科 >
  3. 国際経済法 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:国際開発研究科

石川知子 准教授

国際経済法

授業時間 2020年度前期火曜2限
対象者 法学部・法学研究科、国際開発研究科 院生(博士前期課程)

授業の内容

This course provides an examination of international law concerning economic globalization, in particular the law on the World Trade Organization (WTO) and related trade and investment agreements as the main aspects of global economic order.It first provides a brief introduction to the history and evolution of the legal framework for trade liberalization and investment protection.It then proceeds to examine WTO law, focusing primarily on the WTO Agreement on Goods (GATT) and on the WTO Dispute Settlement Understanding (DSU), while a brief overview of topics such as the General Agreement on Services (GATS) and financial services in the GATS as well as intellectual property under the WTO will also be provided.The purposeof this course is for students to obtain both the knowledge of international trade law –including a critical mass of case-law –and the skills which will enable them toanalyze to what extent regulatory measures that have impact on international trade are consistent with these laws.It also provides the basis for the analysis of issues of controversy such as the role of these fields of law in the global legal order.

授業の工夫

受講生の多くが留学生であり、彼らはプレゼンテーション、ディスカッションその他の発言の機会を通じた授業への積極的参加を強く希望するため、授業の補完(予習や復習)となるような資料の検討をベースとしたプレゼンテーションやディスカッションの機会を設けるようにしているほか、授業の最後には必ずQ&Aの時間をとるようにしています。

最終更新日:2021年03月09日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/