難治性網膜疾患の克服に挑戦して

2020年度 退職記念講義

講師寺﨑浩子 教授
寺﨑浩子 教授
開講部局医学部/医学系研究科
日時2021/3/26 17:30-19:30
場所鶴舞キャンパス基礎研究棟(講義棟)4階第4講義室(オンライン併用)
寺﨑浩子 教授
講師寺﨑浩子 教授
開講部局医学部/医学系研究科
日時2021/3/26 17:30-19:30
場所鶴舞キャンパス基礎研究棟(講義棟)4階第4講義室(オンライン併用)

この目にひかりを

医学研究科を修了後、関連病院で研鑽をつみ、教員として附属病院にもどって眼球破裂や未熟児網膜症、当時は薬物治療のなかった加齢黄斑変性、重症糖尿病網膜症や網膜剥離の再手術など、大学病院でなければ担えない眼の手術治療とチーム医療を確立すべく邁進し、気が付いたら教員生活も30年が過ぎていました。仕事が終わったときにはいつも病院の駐車場に車が1台ぽつんと待っていました。この間、いろいろな方々のご協力は計り知れません。厚くお礼申し上げます。

医学部教授として20年、眼科科長(併任)として15年を過ごしましたので、研究成果を海外にも多数発信し、網膜治療の分野で名古屋大学の海外での地位を確固たるものにしたと思います。ご指導いただきました多くの先生方に深謝いたしますとともに、若い皆様には世界で活躍されることを祈ります。人生100年時代、お目を大切にしてください。

講師紹介

寺﨑 浩子(てらさき・ひろこ)医学系研究科教授

学歴

  • 1980年  金沢大学  医学部  医学科  卒業
  • 1984年  名古屋大学大学院  医学研究科  外科系  博士課程  修了
  • 1997年 ハーバード大学メディカルレチナfellowship修了

取得学位

  • 医学博士, 過程

所属学会

  • 日本眼科学会 理事長
  • 日本網膜硝子体学会 理事
  • 日本眼循環学会 名誉会員
  • 日本視覚電気生理学会 理事
  • 日本小児眼科学会 理事
  • 日本糖尿病眼学会 会員
  • Member, Academia Ophthalmological Internationalis
  • Member, Club Jules Gonin
  • Fellow, Academy of Asia-Pacific Professors of Ophthalmology
  • Council, Asia-Pacific Vitreo-Retina Society
  • Member, The Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • Member, American Academy of Ophthalmology
  • Member, The American Society of Retina Specialists
  • Member, International Society for Clinical Electrophysiology of Vision
  • Faculty, Asia Pacific Retinal Imaging Society

(以上最終講義時点)


投稿日

September 13, 2021