ナトリウムイオン流で回転する細菌べん毛モーター蛋白質の発見と名古屋大学での研究

2020年度退職記念講義

講師本間道夫 教授
本間道夫 教授
開講部局理学部・理学研究科
日時2021/3/18 13:00-14:00
場所理学南館 坂田・平田ホール
本間道夫 教授
講師本間道夫 教授
開講部局理学部・理学研究科
日時2021/3/18 13:00-14:00
場所理学南館 坂田・平田ホール

医学部から理学部へそして退職の33年間

名古屋には縁もゆかりもなかったが、医学部の病態制御研究施設の医真菌研究部門に講師の口があって、英語に自信がなかったので米国から戻ることにした。理学部出身の私が、医学部でいじめられると心配して下さった方も多かったが、その心配は全くなかった。理学部の分子生物学科の助教授に口があって、医学部から理学部に移った。移ってすぐに、研究室の教授が脳出血で突然死してしまい、しばらく研究室を胃の痛い思いをしながら運営した。幸いなことに、教授に昇進できて、名古屋大学で定年を迎えることができた。感謝である。なんの為になるかなんて考えずに、その時に考えた疑問を明らかにするために研究を進めたと思う。何故、人は生きるのかという疑問に答えるために生物学を選んだ。生物学的に不要なものとなった自分のこれからの人生を考えて、死に向き合って生きて行きたいと思う。

講師紹介

本間 道夫 (ほんま・みちお) 理学研究科教授

学歴

  • 1985年 東京大学理学系研究科

学内兼務職

  • 名古屋大学 , 所長(センター長) , 2009年04月 ~ 2011年03月

研究を表すキーワード

べん毛、細菌、原核生物、膜蛋白質

所属学会

  • 日本生物物理学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 米国微生物学会
  • 日本細菌学会

投稿日

July 05, 2021