しなやかにナノカーボンの創製を求めて

2017年度 退職記念講義

講師楠美智子 教授
開講部局工学部/工学研究科
日時2018/3/10
場所IB電子情報館中棟2階 IB大講義室
講師楠美智子 教授
開講部局工学部/工学研究科
日時2018/3/10
場所IB電子情報館中棟2階 IB大講義室

貴重な 11 年間に感謝

平成 30 年 3 月末日をもちまして、名古屋大学未来材料・システム研究所を退職となります。11 年間、どこかゆったりした雰囲気の残る構内を、毎日研究に授業にと行き来しましたが、振り返ってみますと、なんと自由な環境でたっぷ りと研究時間を過ごさせて頂いたかということ に気づかされます。私はナノカーボン構造に関する研究を中心に据えてきましたが、名古屋大学は今やこの分野の中心的存在をなし、また、透過型電子顕微鏡分野に於いても、歴史的に充実した伝統と豊かな設備環境が整えられておりました。お陰様で、非力ながら、優秀で粘り強いスタッフ・学生達に支えられ、楽しく幸せな研究生活を送ることが出来ました。改めてお礼申し上げます。今後、名古屋大学が世界に向けて益々発展されてゆかれることを心からお祈りしております。

最終講義映像

講師紹介

楠 美智子(くすのき・みちこ) 未来材料・システム研究所 材料創製部門 教授

学歴

  • 1975 年 03 月 東京工業大学 工学部 金属工学科 卒業
  • 1980 年 03 月 東京工業大学大学院 理工学研究科 金属工学専攻 博士課程 修了

職歴

  • 文部教官 東京工業大学 助手, 1980 年 04 月 ~ 1982 年 04 月
  • 新技術事業団 林超微粒子プロジェクト 研究員(非常勤), 1983 年 07 月 ~ 1986 年 09 月
  • 名城大学理工学部 物理学教室 講師(非常勤), 1987 年 04 月
  • 新技術事業団 黒田固体表面プロジェクト 技術員(非常勤), 1989 年 04 月 ~ 1990 年 09 月
  • (財)ファインセラミックスセンター 主任研究員, 1991 年 05 月 ~ 2001 年 03 月

取得学位

  • 博士(工学), 東京工業大学, 1980 年 03 月

研究分野を表すキーワード

  • 透過型電子顕微鏡、電子線回折、結晶構造解析、超微粒子、相変態、カーボンナノチューブ

所属学会

  • 日本顕微鏡学会 理事, 関西支部幹事, 2007 年 04 月 ~ 2011 年 05 月, 日本国
  • 日本顕微鏡学会 代議員, 2013 年 05 月 ~ 2014 年 03 月, 日本国
  • 応用物理学会, 日本国
  • 日本金属学会 分科会委員, 日本国
  • 日本表面科学会 日本表面科学会中部支部役員幹事, 2006 年 04 月 ~, 日本国

投稿日

April 27, 2020