ファイナンス

default_image
講師中島英喜 准教授
開講部局経済学部・経済学研究科 2016年度 前期
対象者経済学科・経営学科3・4年 (1 単位週1回全15回)

授業の内容

投資家の意思決定をモデル化して、株価の決定理論を導きます (オープンキャンパスの模擬講義では、自分自身のリスク回避度を評価して、最適な株式の投資額を各自求めます)

授業の工夫

学部の授業では全15回の授業の積み重ねで、最終目標(株価の決定理論の理解)を目指します。

(オープンキャンパスの模擬講義では、実際に手を動かして、自分にとっての最適な株式の投資額を求めます)

講義の目的

本講義では、金融経済学(フィナンシャル・エコノミクス)の基礎と資産市場の歴史の理解を通じて、この分野における受講生の自主的探求力の育成を図る。本講義の眼目は、投資家の意思決定に関する標準的な理論(現代投資理論:MPT)の理解である。またこの理論に基づき、複数の投資家が存在する時の資産価格決定(資産価格論:CAPM)について解説する。

参考書・教科書

テキストは指定しない。適宜教材を提供する。

参考図書:砂川伸幸「コーポレート・ファイナンス入門」(日経文庫)。

履修条件・注意事項

確率・統計の基礎知識を身に付けていること。

スケジュール

講義内容
1 イントロダクション、基本的な用語(特にキャッシュフロー)の定義
2 確実なキャッシュフローの価格付け(金利と債券価格とその利回り)
3 演習(金利と債券)、投資とリターン
4 株式投資と効率的市場仮説
5 不確実性下の意思決定と期待効用仮説
6 分散投資のリスク低減効果、1期間のポートフォリオ選択問題
7 安全資産と分離定理
8 等質期待仮定と資本市場線
9 CAPMと証券市場線、システマティックリスクとノンシステマティックリスク
10 演習(不確実なキャッシュフローの価格付け)
11 演習(CAPMを使った株価の導出)
12 資産市場の分類
13 資産市場の歴史、日本の資産価格の推移(株価指数、金利、為替レート)
14 バランスシートを使った資産価格推移のシミュレーション
15 総復習

成績評価

期末試験を100%として、授業への貢献を適宜加点。履修取り下げ制度を採用しない(期末試験を受験しない者は「欠席」評価)。

講義資料

ファイナンス事始め (PDF 文書, 593KB)
*2019オープンキャンパス模擬講義用


投稿日

July 05, 2021