化学生命工学序論-2018

default_image
講師村上裕 教授
開講部局工学部/工学研究科 2018年度 前期
対象者化学生命工学科1年生

授業内容

化学生命工学の基礎に関する講義を実施する。有機・高分子,応用物質化学および生命分子工学の基礎について講述するとともに、これらの分野の最先端の科学・技術に関する話題を紹介する。

  1. 有機・高分子化学
  2. 応用物質化学
  3. 生命分子工学

授業の工夫

講師が研究を進めている化学や生命工学の内容を、基礎から最先端までわかり易く解説している。講義の際には、クイズなども交えながら学生の興味を引き出すように工夫をしている。

授業の目的および狙い

化学生命工学は、化学を基礎として、物質や生命体の構造、性質、反応を扱う学問である。この学問領域が扱う新物質の開発や生命現象の解明、それらの工学への応用は、現代社会を支える科学技術として益々重要となっている。本講義では、化学・生命領域の学問を学ぶための学習の指針となるよう、有機・高分子、応用物質化学および生命分子工学に関する基礎知識を習得し、産業における役割と期待を理解する。

バックグラウンドとなる科目

高校での化学

教科書

特に指定しない。

参考書

各教員より紹介がある。

質問への対応

講義中に遠慮無く質問していただきたい。

スケジュール

日時 内容 教員
4/11 生命分子工学専攻 分子生命化学講座
4/18 有機・高分子化学専攻 有機化学講座
4/25 応用物質化学専攻 固体化学講座
5/2 有機・高分子化学専攻 高分子化学講座
5/9 生命分子工学専攻 分子生命化学講座
5/16 応用物質化学専攻 固体化学講座
5/23 有機・高分子化学専攻 有機化学講座
5/30 生命分子工学専攻 生命システム工学講座
6/13 応用物質化学専攻 応用物理化学講座
6/20 有機・高分子化学専攻 有機化学講座
6/27 未来材料・システム研究所
7/4 生命分子工学専攻 分子生命化学講座 村上 裕
7/11 生命分子工学専攻 生命システム工学講座
7/18 有機・高分子化学専攻 高分子化学講座
7/25 未来材料・システム研究所

評価方法と基準

レポートにより、目標達成度を評価する。Suggested by each lecturer

講義映像

講義資料

人工遺伝暗号の構築と創薬への応用 (PDF 文書, 23088KB)


投稿日

April 09, 2020