経済学部・経済学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 経済学部・経済学研究科 >
  3. 部局紹介

経済学部・経済学研究科の教育

大学の教育は、大学が先端的な研究を担うという重要な役割も担っているために、教授陣の先端的な研究を紹介するというのが、従来の形でした。学生たちは、高度で専門的な知識を吸収して、社会にそれを還元していく役割を担っていたわけです。経済学部・経済学研究科においても、経済学や経営学の最新の研究成果を講義に反映して授業を行っています。その一方で、大学進学率が高くなり、先端の専門分野の教育だけでなく、教養人として最低限知っておかなければならないことを多人数にシステマティックに、効率よく教育する形に変わってきています。また、学生のキャリア形成を支援するような講義も行っています。このように大学教育が変わりつつある状況で、現実の経済にかかわる「基礎的分析力」と「自主的探究力」を養成することを目的とし、人間の営みである経済活動について深い洞察を与える講義と演習を提供しています。

部局長インタビュー

経済学部・経済学研究科長

野口晃弘 教授

経済学部・経済学研究科長の野口晃弘教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 経済学部・経済学研究科の一番の魅力を教えてください。

経済学と経営学の両方を学ぶことができます。グローバル化と高度IT化に対応できるような人材の育成に取り組んでおり、ゼミナールを重視した教育が行われています。

2. 経済学部・経済学研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

地元志向の強い学生が少なくないと感じていますが、在学中に視野を広げ、経済の分野において、日本のみならず、世界で活躍できるような、そして、貢献できるような人材に育ってほしいと思っています。

3. 経済学部・経済学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

少人数のゼミナール教育が維持され、卒業論文という大学生活の総まとめの機会が設けられていることが、特徴です。かつては大学を卒業するためには卒業論文を書くのが当たり前でしたが、現代では、貴重な機会になりつつあります。小説の中の主人公のように、全員が卒業前の1年間、卒業論文に全力で取り組むことができます。

4. 野口先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

講義の中身となるとマーケティングです。ある会社の (業界2位だけれど) 「どこよりも一生懸命取り組んでいる」というコピーに関する話が、今でも記憶に残っています。大きいこと、No.1であることが良いこととされるアメリカ文化の中で、あえてNo.1となっていないことを逆手にとって、業界No.1の企業以上に努力していることを強調したコピーがヒットしたという話が興味深かったので、印象に残っています。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

経済学部における大学4年間は、本当に自由で楽しいものになります。湯水のごとく使える自由な時間と勉学の機会をフルに活用して、将来の夢を見つけてください。そのために今はしっかり勉強しておいてください。受験科目以外の科目についても手を抜くことなく学習し、幅広く基礎知識を身につけてください。

(平成28年4月19日)

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/