経済学部・経済学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 経済学部・経済学研究科 >
  3. 部局紹介

経済学部・経済学研究科の教育

大学の教育は、大学が先端的な研究を担うという重要な役割も担っているために、教授陣の先端的な研究を紹介するというのが、従来の形でした。学生たちは、高度で専門的な知識を吸収して、社会にそれを還元していく役割を担っていたわけです。経済学部・経済学研究科においても、経済学や経営学の最新の研究成果を講義に反映して授業を行っています。その一方で、大学進学率が高くなり、先端の専門分野の教育だけでなく、教養人として最低限知っておかなければならないことを多人数にシステマティックに、効率よく教育する形に変わってきています。また、学生のキャリア形成を支援するような講義も行っています。このように大学教育が変わりつつある状況で、現実の経済にかかわる「基礎的分析力」と「自主的探究力」を養成することを目的とし、人間の営みである経済活動について深い洞察を与える講義と演習を提供しています。

部局長インタビュー

経済学部・経済学研究科長

福澤 直樹 教授

経済学部・経済学研究科長の福澤直樹教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 経済学部・経済学研究科の一番の魅力を教えてください。

名古屋大学経済学部は経済学科、経営学科の二学科から、大学院経済学研究科は社会経済システム専攻、産業経営システム専攻の二専攻から成っています。私たちはそこで、社会経済の動態の諸原理やその歴史的構造、またその主要な一環である産業企業の活動に係る諸原理や、企業活動を支える会計システムの諸原理などを、論理的一貫性をもって理解ないし解釈し、またそうした理解や解釈のための分析手法やモデルを構築するべく研究活動を行っています。そしてこうした知見を学生に伝え、さらには後進研究者や高度専門人を育成するべく、教育に従事しています。そこでの醍醐味は社会経済や企業活動などにおける様々な現象を認識するための手段が得られるということです。しかもその手段とは、単なる思い付きとは異なり、先人たちのアカデミックな活動の膨大な蓄積に裏打ちされたものであり、さらにそれらは不断に発展・進化し、或いはさらなる蓄積を続けているものです。学生の皆さんはこの成果を学修することにより、現代社会の様々な局面における諸現象や構造を論理的に認識する数多の手法や理論を会得し、またそれらについての深い洞察力を獲得していくことになります。  強みということでさらに付言するならば、就職活動にとってたいへんに好ましい前提条件があるということが挙げられます。名古屋大学経済学部・経済学研究科の学生に対し、ほとんどの有力企業が最初の段階で、とりあえずは門戸を開いてくれます。ただしそれから後は、皆さん一人一人の力にかかってくることになります。また名古屋大学経済学部は組織の前身が名古屋高等商業学校で、間もなく創立100周年を迎えます。これは一橋大学や神戸大学のような流れであり、国立七大学の中ではかなりユニークな存在となっています。そうした来歴もあって、名古屋大学経済学部・経済学研究科は同窓会組織がたいへんにしっかりとしており、卒業後もきわめて広範な縦・横のつながりを維持することができます。これも名古屋大学経済学部・経済学研究科の一つの強みと言えるでしょう。

2. 経済学部・経済学研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

学生の皆さんに大学生活を通じてどのように育ってほしいかということにつきましては、与えられた機会を的確に掴んでほしいということを申し上げたいと思います。学生には自由があります。時間もあります。素材もあります。この素材とは名古屋大学で学修する内容、大学が有する学びの場や文献・資料、また大学が提供する様々な体験機会が含まれます。体験機会には、たとえば海外研修や留学などの機会、企業現場やさまざまな実務専門家と触れ合う学修機会なども含まれます。学生の皆さんはかなりの自由と時間があるのですから、こうした機会、ひいては名古屋大学が提供するあらゆる素材を自発的かつ積極的に活用し、与えられた恵まれた機会を十全に掴んでほしいのです。卒業後企業その他の組織に入ると、やることのスケールは格段に大きくなるかもしれません。しかし組織人として行動することからくる制約から免れ得ないのも事実です。自由がある今だからこそできることに積極的に取り組んでもらいたいと思います。もちろん課外活動や社会活動などに精を出すことも、学生時代に与えられた機会を活かす一つの途です。自身の嗜好や考えに従って積極的に活用してもらえればと思います。

3. 経済学部・経済学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

経済学部・経済学研究科のビジョンとしては、先ほど触れた学問の伝統と蓄積を踏まえ、皆さんに経済学の学問体系の理解を通じた普遍的な知を培い、的確な社会認識を得る支えを会得してもらうことが第一の使命だと考えています。他方で海外体験や、さまざまな経済活動の現場の様子を知る機会を含んだ多彩なプログラムも維持しつつ、多面的に皆さんの成長を刺激できるような教育体系を提供していきたいと思っています。

4. 福澤先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

私個人が学生時代に惹かれた授業は経済史系、経済学史系、社会思想史系のものが中心で、とりわけ西洋経済史のゼミのインパクトが絶大でした。そこで面白い文献に触れ、稚拙ながらも考えを巡らせ、将来の進路の選択に大きな影響を与えました。今、縁あって母校に奉職し、一般経済史や西洋経済史の授業を担当している次第です。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

経済学部へ入学を希望している高校生の皆さんに申し上げたいことは、今できる勉強をしっかりとやってほしいということです。大学の独自入試まできちんと社会科系の科目を課していない私たちも悪いのですが、教育の場で高校レベルの社会科の知識不足にやりにくさを感じることが間々あります。将来のより発展的な学修のためにも、今を決しておろそかにしないでいただきたいのです。数学も経済学の多くの分野で便利な道具になってくれますし、経済学では産業活動も取り扱いますので、文系の生徒が習う程度のごく基礎的な理科の知識がひとわたりあるということは無駄にはなりません。このほか国語や英語の重要性については言うまでもないでしょう。私も文系の仲間たちと「「フレミングの法則」なんて一生使わないよなぁ」などと笑い話をしたものですが、そうは言わずに「今できること」に大いに注力をしてもらいたいと思います。  またもう一つ申し上げたいこととして、社会科学を学修する道を選ぶならば、社会に関する広い関心が不可欠だということです。日頃から新聞その他各種の報道に目を向け、現実社会に対する関心を温めていただきたいのです。とはいうものの、関心というものは、持てと人に言われて持てるものではありません。ただ、皆さんがこれから大人になるということの意味を考えてください。皆さんは今、親族や社会に守られて平穏に生活していることと思います。しかし大人になると、皆さんがこの社会を支えていく主体となるのです。社会を支えるとは言っても、別にスーパーマンのような活躍を期待しているのではありません。私たちの社会を論理的かつ的確に把握ないし理解できる知識人として、そして私たちの社会を健全に支え得る一人の大人として、そこに居てくれればいいのです。大人になる道に足を踏み出すということを意識してください。そして身の回りのことだけではなく広く世の中に目を向け、自分の世界を広げていくことを心掛けてください。それこそが経済学を学修していくための大切な前提となるのです。  名古屋大学経済学部で、皆さんをお待ちしています。

(平成30年6月5日)

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/