創薬科学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 創薬科学研究科 >
  3. 部局紹介

創薬科学研究科の教育

創薬科学は、「薬学や医学、化学及び生物工学などの研究開発領域において、薬剤の発見や設計等のプロセスを経て、新たな医薬品が製品となるまでの一連の過程に関する総合的な学問領域」です。

我が国では6年生の薬学部教育が施行され、高度な医療薬学を実践する人材育成が強化されました。その一方で、高度な能力を有した次世代の創薬人材の育成のためには、創薬科学の研究力そのものに改革をもたらす人材もまた必須です。特に、近年、新薬の創出は世界的に縮小傾向にあります。人類全体の健康的な生活と幸福な未来を守るためには、新薬を創出するための学問領域を大胆に再構築し、基礎から創薬研究を推進する「多分野の学術基盤を融合した研究開発力をもつ人材」を育成するための、教育・研究を行うための新たな基盤形成が極めて重要です。

名古屋大学大学院創薬科学研究科(以下、本研究科)は、従来の薬学固有の領域に加え、医薬品の設計合成に関わる有機合成化学、疾病や薬効解析の基礎となる生物科学、タンパク質の高次構造や医薬品との相互作用を解析する分子構造学などの先端的な研究を推進します。最先端の研究活動を通じて、多くの基礎学術分野に関する高い能力をもち、かつ、従来の単一の専門領域からの視点だけではなく、幅広い視野から創薬研究に改革をもたらす、先導的な研究者を育成します。

これまで、名古屋大学では理・工・農学部の理系学部を舞台に、伝統的に創薬に関わる基盤研究力を持つ人材育成を行ってきました。特に、天然物化学、有機合成化学及び、生物科学で世界に伍して最先端の輝かしい研究成果を上げてきた歴史があります。本研究科は、名古屋大学の研究教育の活力である自由闊達さを継承しながら、本学の理農工それぞれの学術分野の融合と、その研究基礎力と連携の実績を十分に活用し、教育理念として「多分野融合教育による次世代を先導する創薬基盤研究者」を輩出することを理念としています。

教育目標

  1. 創薬科学研究者としての基盤力
  2. 実践的融合力
  3. 高度な専門力

部局長インタビュー

創薬科学研究科長

人見清隆 教授

創薬科学研究科長の人見清隆教授に、5つの質問に答えて頂きました。

1. 創薬科学研究科の一番の魅力を教えてください。

薬を創るための高度な研究に必要な基礎知識・基盤技術を、薬学以外の理系出身分野からでも学べます。

2. 創薬科学研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

多様な大学・学部からの出身者のため、発想の違いが興味深いです。研究生活は大変な事も多いですが精神的にも強くなってほしいです。

3. 創薬科学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

薬学以外の教員も多く、研究の背景や考え方の違いに触れることができ、専門テーマ以外のことも多く学べます。

4. 人見先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

自分の歩んだ道を失敗談も含めて話してもらったことがあります。講義の本来の内容よりも良く覚えていてその後元気づけられました。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

自分が何に向くか、は簡単にわからないです。ある程度満足しつつ日々の中で自分を磨く場を探す、という発想も重要ではないでしょか?

(平成25年5月9日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

●関連リンク

創薬科学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/