国際開発研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際開発研究科 >
  3. 部局紹介

国際開発研究科について

名古屋大学大学院国際開発研究科(GSID)は1991年に発足し、今年で創立26周年を迎えます。創立以来26年の間に、国際開発を取り巻く世界の環境は大きく変化しました。特に昨年は、国際的にも重要な節目の年であり、研究科25周年を記念するにふさわしい年でした。2015年7月、国連は2000-2015年における国際社会の目標である「ミレニアム開発目標Millennium Development Goals, MDGs」の最終評価として、「ミレニアム開発目標報告書2015」を発表しました。この報告書によれば、2000年から2015年までの間に、極度の貧困に苦しむ人々の数を半減するというMDGsの最も重要な目標は達成されたことがわかります。同年9月、ニューヨークで開催された「持続可能な開発に関するサミット」で、MDGsに続く新たな開発目標である「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)」が各国政府の代表により採択されました。この目標は今年2016 年から2030年までの国際社会における行動規範であり、17 の目標と169のターゲットからなります。SDGsがミレニアム開発目標と区別される大きな特徴は、これらの目標が開発途上国だけでなく、先進国にも適用される目標であり、世界各国の政治的コミットメントが強く求められている点です。また、内容的には持続可能な経済、社会、環境の実現が大きな柱となっています。

こうした国際的な行動規範の変化と時を同じくして、名古屋大学では国際開発研究科の機能強化が求められています。この要請を受け、研究科では上述した国際的な行動規範と足並みを揃え、開発途上国が直面する課題に加え、先進国も含めたグローバル社会が直面する課題に対応する研究や教育の実施体制づくりに取り組んでいます。特に重要な領域となるのは、「持続可能な開発」を支える経済成長、貧困や格差の解消、教育と人材開発、包摂的で公正な社会の実現、平和とガバナンス、環境保全等に関わる分野です。研究と教育でこうした分野をカバーできる体制づくりに向けて、研究科のさらなる機能強化を進めてまいります。

国際開発研究科長

山形英郎 教授

国際開発研究科長の山形英郎教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 国際開発研究科の強みを教えてください。

GSIDの強みの一つは、英語による教育をあげることができます。GSID所属の教員が提供する科目はほとんどすべて、ほぼ100%、英語です。国際社会で活躍する人材を養成するためには、英語による教育でなければならないと考えています。二つ目の強みは、外国人学生の比率の高さです。今年度博士前期課程に入学した学生50名の内、日本人は12名、そして外国人学生は38名です。昨年10月と今年4月に博士後期課程に入学した学生22名の内、日本人は5名、そして外国人学生は17名です。博士前期課程入学者の76%が外国人学生、博士後期課程入学者の77%が外国人学生ということになります。4分の3が外国人学生なのです。三つ目は、国際開発と銘打った大学院は日本にはありません。国際開発学という学問分野は比較的最近になって登場した分野です。希少性は大です。伝統的な経済学、政治学、教育学など多様な学問領域を基礎に、学際的に開発問題に切り込んでいます。学部時代に学んだことがきっと大学院でも役に立ちます。

2. 国際開発研究科の学生のことをどのように思いますか?またどんな風に育ってほしいですか?

異文化を受け入れ、他者に対する思いやり豊かな実務家または研究者に育ってほしいというのが願いです。宗教が違っていても、話す言語が異なっていても、生まれ育った文化・風習が異質でも、同じ人間として共有できることを大切にする国際社会を生み出すのに貢献してもらいたいと思います。

3. 国際開発研究科のビジョンを教えてください

名古屋大学はアジアのハブを目指しています。GSIDはすでにアジア諸国から多くの留学生を受け入れ、育ててきました。その結果、修了生はアジア各国で政府の高官となったりして、開発分野で活躍しています。アフリカやラテンアメリカからも多くの学生を受けれてきていますが、今まで以上の学生をアフリカや中南米から受け入れ、リーダーを養成していきたいと考えています。

4. 山形先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

印象的な授業というよりも、印象的な言葉を覚えています。指導教員からうけたアドバイスですが、「問題自身を疑え」という言葉です。大学入試を経て大学生になった当初は、試験などの問題に対して解答を見いだす努力をしてきました。出題者が意図していた解答を探す試みです。問題には解答があるものと思っていたのです。しかしそうした態度を否定されてしまったのです。「なぜ太陽は地球の周りを回っているのか」という問は、「太陽は地球の周りを回っている」という前提が用意されています。その前提を疑って初めて「地球が太陽の周りを回っている」という答えが導き出されます。社会科学の分野では答えの出ない問題も多いのですが、問題設定自身を疑い、新たな問題を見いだす努力が必要だと思います。

5. 高校生と大学生へのメッセージをお願いします。

国際開発研究科は大学院しかありません。学部教育を行っておりませんので、高校生の皆さんは高校卒業と同時に国際開発研究科に入学することはできません。しかし大学時代を通して、他国のこと、国際社会のことについて関心を抱き続けてもらいたいと思います。「なぜ戦争はなくならないのか」、「なぜ貧困はなくならないのか」、「なぜ専制国家が現れるのか」。専門を極めるとともに国際社会の流れにも敏感であってほしいのです。細部にまでこだわることが重要ですが、併せて広い視野ももって学問に望んでほしいと思います。

(平成28年4月1日)

●関連リンク

国際開発研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/