環境学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 環境学研究科 >
  3. 部局紹介

環境学研究科の教育

名古屋大学大学院環境学研究科は、21世紀の幕開けである2001年に創設されました。地球環境科学専攻、都市環境学専攻、社会環境学専攻という3専攻構成で、理学系、工学系、文系の文理連携の研究科です。理学研究科、工学研究科、文学研究科、情報文化学部、大気水圏科学研究所(当時)などから分かれて作られました。名古屋大学の教員の7%ほどが移動しました。持続性学と安全安心学を主要な2本の柱として、文理連携によりこれからの環境を考えるという理念を持っています。

文理連携を推進する上で、教育のひとつとして、研究科共通である体系理解科目という科目群を設定しています。ひとつの専門を持ちつつ広く全体を見渡せるジェネラリストを目指す、あるいはひとつの専門を深く極めるスペシャリストを目指しつつ他分野の素養も持っている、という人材を育てようという考え方です。どちらにしても、複数の眼をもつ人材を育てようとしています。創設から10余年が経ち、この体系理解科目が効果を上げてきたように感じています。理工文の専門を問わず学べるようにプログラムされていますので、他研究科の学生の方々でも十分に単位取得可能です。2013年度から始まった、環境学・国際開発・生命農学・経済学・工学研究科による5研究科連携ESD(Education for Sustainable Development)プログラムの一部ともなっています。

一方で、グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」を継承した統合環境学特別コースや国際環境人材育成プログラム(NUGELP)が、生命農学研究科・工学研究科・国際開発研究科など他部局との協働で行われています。この中のいくつかも前述のESD共通プログラムの一部となっています。これらは社会に出てそれぞれの分野のリーダーとなる人材を育てるという目的のために行われているものです。

研究面でも、多士済々の教員陣を揃え、理工文それぞれ非常に多様な研究が行われており、深く専門を追求する、あるいは連携して新しい分野を拓く活動が行われています。2012年に設立された減災連携研究センターは、環境学研究科の安全安心学から発展的に分かれてできた組織です。また、2014年4月に新設された環境学研究科附属持続的共発展教育研究センターは、前述の統合環境学特別コースと国際環境人材育成コースを支援するとともに、安全安心学の減災連携研究センターに続き、持続性学について社会貢献を行う組織として設立されました。京都の総合地球環境学研究所や筑波の国立環境研究所とも強い連携を持っています。このように、本研究科では非常に多様な教育研究活動がなされています。

藤前干潟

体系理解科目「環境学フィールドセミナー」での藤前干潟の訪問。干潟に入り、生物相などを実際に見てみる。柔らかい泥が、足の裏に心地良い。

風車

体系理解科目「環境学フィールドセミナー」での風力発電施設の訪問。豊田通商の方から風力発電の現状と今後の見通しなどを伺う。

部局長インタビュー

環境学研究科長

神沢博 教授

環境学研究科長の神沢博教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 環境学研究科の一番の魅力を教えてください。

環境学研究科は、地球環境科学専攻 (理学系) 、都市環境学専攻 (工学系) 、社会環境学専攻 (文系) の3つの専攻から構成されていて、多様な教育研究が行われていることですね。既存の学問分野を深く掘り下げる人、既存の学問分野を統合した新しい学問分野を開拓していく人、あるいはそれらの橋渡しをする人。さまざまなタイプの教員・学生がいます。

2. 環境学研究科の学生のことをどのように思いますか、また、どんな風に育ってほしいですか?

相対的に、広い視野を持った学生が多いと思います。

アドミッションポリシー (学生受け入れ方針) にも記載されているように、人類社会の中での自らの役割を見出すことができ、国際的に活躍することができる、次のような人を育成することをめざしています。

  • 専門分野の創造的推進、環境学の創成を担う人
  • 状況が変化したとしても専門的知識を柔軟に応用できる人
  • 異分野の成果を統合して環境問題に果敢に取り組む人

なお、環境学研究科のアドミッションポリシーの取りまとめは、私がやりましたので、中身をよく覚えています。

3. 環境学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

3つの理・工・文の専攻を貫いた研究科共通の体系理解科目が揃っていることが大きな特徴です。それと、国内外の実際の現場フィールドに出て体験したり考えたりする機会が多いことですね。

4. 神沢先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

大学と大学院は京都大学の理学部・理学研究科でした。学部1・2回生の時には、力学の授業で、運動方程式と万有引力 (重力) の法則からケプラーの経験法則を導くことができることを教わった時には感動しました。解析学のイプシロン・デルタ論法、線形代数の直交ベクトルの概念なども感銘深かったです。また、ケネス・クラークの"Civilization"という本の輪読を、乾由明先生をチューターとして読んだのが印象深かったです。学部3・4回生の時には、巽友正先生の流体力学の講義が極めて明晰で、講義ノートを読み返すだけで教科書が不要なくらいでした。大学院では、自分の専門となった気象学の中でも博士論文のテーマにピッタリの英文の本や論文を、指導教官の廣田勇先生をチューターとし、研究室の先輩をオブザーバーとして、式の導出も全て行い、徹底的に読み抜きました。また、研究室の研究発表の場であるコロキウムは、研究の道場でしたね。

このような大学の授業以外にも、文化祭などの時に、湯川秀樹、吉川幸次郎、桑原武夫、今西錦司、貝塚茂樹、などの面々の話を聴くことができました。京都での岩波文化講演会での朝永振一郎さんの話には、自分の専門を気象学 (地球物理学の一部) と決める際に、影響を受けました。

こういう話を始めると止まらなくなりますね。

5. 高校生へのメッセージをお願いします。

自分の頭で考え抜いて、その考え抜いたことを友達や先生と議論してください。なお、わからなかったことを人に話しているうちに自分の頭が整理されて、自分でわかってしまうことがよくあります。まず、皆さん、名古屋大学へ入ってきてください。高校生のときでも、ホームページなどを見て興味を持ったら、電子メールなどで連絡してみてください。環境学研究科では幅広い分野を取り扱っています。環境学研究科の教員は大学院所属ですが、学部初年次の全学教育や学部後期の授業も行っています。ぜひ、ピーンと感じることがあったら、また、そこまででなくても、われわれ教員に声をかけてみてください。 みなさん、お会いして議論しましょう。

(平成28年5月9日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

●関連リンク

環境学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/