工学部・工学研究科
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 工学部・工学研究科 >
  3. 部局紹介

工学部・工学研究科の教育

工学分野を目指す人へ

古代数学などに端を発する自然科学は、人間の論理的思考の積み上げの成果として悠久の時間を経て発達してきました。その中で、近代では産業革命による蒸気機関車に始まり、近年のハイブリッドカー、スマートフォンに至るまで、凄まじい勢いで人類は自分達の生活の向上を可能にする機械や道具を「工学」の視点から生みだしてきました。その勢いはまだ収まっておらず、皆さんの前には未開拓の領域が無限に広がっています。

その一方で、生産性の向上や効率化の追及には行き過ぎの感もあり、大気や水の汚染を含む環境汚染など、ともすると取り返しがつかない深刻な問題が起こっています。それらを食い止め、美しくかけがえのない地球を守ること、これもまた広い意味で工学を目指す人が心がけるべきことです。

この科学技術の光と影の両面を十分に認識した上で、皆さんの努力の末に生まれる創造性の実現を期待しています。

名古屋市東部、東山の緑多き丘陵地に位置する広大なキャンパスで、皆さんの登場を待っています。

部局長インタビュー

工学部・工学研究科長

新美智秀 教授

工学部・工学研究科長の新美智秀教授に5つの質問に答えて頂きました。

1. 工学部・工学研究科の一番の魅力を教えてください。

資源のない日本では、イノベーションを牽引する人材が必要で、特に工学の研究者・技術者への期待がますます高まっています。名古屋大学工学部・工学研究科では、世界を代表するものづくり産業の集積地に位置する研究中心の総合大学の一員として、先導的な研究を実施しています。

2. 工学部・工学研究科の学生のことをどのように思いますか? またどんな風に育ってほしいですか?

最近、研究やプロジェクトのリーダーに求められる資質として、総合力や人間力を意味するコンピテンシーが重要と言われています。コンピテンシーを高めるためには、専門的な知識だけでなく、教養 (リベラルアーツ) が必要です。インターネットが普及し、検索すれば、すぐに関連情報を得ることはできますが、うわべの知識はすぐに忘れてしまいます。多くの知識をリンクさせて、これらを「知恵」として発揮するには教養が必要で、これこそが新しいアイデアを生み出す原点であり、失敗しても、価値あるものを見つけ出すセンス、能力に結び付くと信じています。教養を高め、現代社会で直面する諸問題に果敢に挑戦し、グローバルに活躍するリーダーになってください。

3. 工学部・工学研究科の授業の特徴、魅力はどんなところにありますか?

工学部では、基礎科目を重視し、現在の科学・技術の水準を理解し、創意改善しながら工学を応用する能力のある技術者・研究者の養成を目指した教育目標を掲げています。学年が進むにつれて、リテラシー、基礎力、専門力の教育を受け、卒業研究では研究室に配属されて研究課題の選定と研究の進め方を修得します。また、文系基礎科目や文系教養科目も履修できるカリキュラムを用意していますので、是非とも自分の専門分野のみではなく、いろんなジャンルにも目を向け、学生時代に多くの教養を身に着けてください。

4. 新美先生ご自身が学生であったとき、印象的な授業はありましたか?

専門的な内容に加えて、人生観や技術者倫理などを教えたいただいた講義が印象に残っています。

5. 高校生へのメッセージをお願いします。

名古屋を一望する緑あふれる東山の地で、みなさんと自由闊達に意見を交わし、世界に向けて研究成果を発信することを楽しみにしています。

(平成27年5月11日)

ビデオの閲覧には Adobe 社の Flash Player が必要です。
Flash Player は、以下からダウンロードできます。

Flash Player ダウンロードサイトへ

●関連リンク

工学部・工学研究科

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/