授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. メディアディスコース分析論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:国際言語文化研究科

ヘイグ・エドワード 教授

アーカイブ ※現在この講義は開講されていません

メディアディスコース分析論

授業時間 2009年度後期木曜3限
対象者 国際言語文化研究科
メディアプロフェッショナルコース

2単位、週1回全15回

授業のねらい

本講義では、批判的言説分析(以下CDA:Critical Discourse Analysis)分析方法を研究手段とし、マスメディアが社会の力関係から受ける影響、またマスメディアがそれに与える影響そしてこの力関係がメディアテクストで具現化される様相を考察し、批評的メディアリテラシーの確固たる基礎を学習することを授業のねらいとする。

授業の工夫

当コースでは、学生が学術的に書かれた英語の文章を読むために必要な様々なスキルを学習します。使用するテキストはノーマン・フェアクラフ氏著作のAnalysing Discourseです。著者は批評的言説分析の分野における第一人者であります。本著書は彼の教科書の中で一番最近のものであり、また私が一番高く評価しているものです。ただし、現時点では翻訳版が出ていないため、各章ごとに簡単な英語でのコメントシートや段落ごとの要約など学生がテキストを読解する助けになるものを私のほうで作成して配布します。さらに、各章ごとにパワーポイントスライドにまとめたものも用意しております。

また、当コースでは授業ごとに挙げられるトピックについてのプレゼンを学生におこなってもらいます。プレゼンの場面において質の高い発表力を身につけえてもらうように様々な工夫をしております。各レッスン2人1組になってテキストのパートごとでプレゼンをしてもらいますが、私のほうで授業の1・2日前に発表する2人と毎週、相談する機会を設けます。その学生にはその時点で完成しているものを私の前でリハーサルしてもらい、それについて改善すべき箇所などフィードバックおよびアドバイスを行います。そうすることによって、発表者は当日他の学生の前で自信をもって発表を行うことができ、より効率の良い、関心の深い、そしてなにより楽しい授業が形成されると期待されます。

最終更新日:2008年04月16日
最終更新日の時点の講義内容で公開しております。
現在、この講義は開講されていません。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/