サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 図情報とコンピュータ >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業の目的およびねらい

表計算ソフトウェアExcelと数式処理ソフトウェアMathematicaを用いた実習を行う。データ解析を例にExcelの利用法について学習した後、数式処理ソフトウェアを利用して、グラフィックス、アニメーション、作曲を行う方法について学習する。これらの実習を通して、総合的な判断力と思考力を培う。

履修条件あるいは関連する科目等

履修条件は特に無い。

関連する科目には、数学や情報リテラシーがある。

授業内容

全学教育棟3階のSISラボに設置されているWindowsパソコンを使用して、以下の内容について実習を主にした授業を行う。

  1. ガイダンスとメール設定
  2. Excelによる表および図の作成
  3. Excelによる最小2乗近似
  4. Excelによる移動平均解析
  5. Excelによる相関解析・自己相関解析
  6. Excelによる階差解析
  7. Excelによる気温予測の基礎
  8. Mathematicaの基礎
  9. Mathematicaによる数学の基礎
  10. Mathematicaによるグラフィックス
  11. Mathematicaによるアニメーション
  12. Mathematicaによる作曲

*以上に加えて、2回ほど実習指導のための講義時間をおく。

教科書

使用しない。

参考書

毎回の講義で紹介する。

担当者からの言葉

授業は実習を中心に行うので、気楽に参加して欲しい。

参考資料

  • 「Excelでできるデータマイニング入門」 上田 太一郎 著 (同友館)
  • 「Excelでやさしく学ぶ時系列 : 明日を支配する時系列」 石村 貞夫, ステファニー・リヒャルト著 (東京図書)
  • 「はやわかりMathematica」 榊原 進 著 (共立出版)

講義の後にさらにという際の資料

  • 「簡単!!Excelで作る経営計画・予算管理」 杉田 利雄 著 (九天社)
  • 「Mathematicaプログラミング」 R.J.ゲイロード, P.R.ウエリン, S.N.カーミン 著, R.J. Gaylord, P.R.Wellin, S.N. Kamin 原著, 榊原 進 翻訳 (近代科学社)
  • 「プログラミングMATHEMATICA—バージョン3&4対応」 Roman E. Maeder 原著, 時田 節 翻訳 (ピアソンエデュケーション)

レポート

講義中に課した演習問題を提出してもらいます。

評価方法

  • 特別な事情がない限り、提出〆切は次の講義の開始前までとします。
  • 期限を過ぎて提出されたレポートについては、〆切までに提出されたレポートを1とすると、0から0.5として評価します。
  • 提出されないレポートは0として評価します。
  • 著しく〆切をすぎて提出されたレポートもまた、0として評価します。

スケジュール

授業内容
1
ガイダンス+Excelによる最小二乗近似
  • ガイダンスです。レポートの出し方を確認します。
  • 最小二乗近似について説明します.
2
Excelによる相関解析
  • 相関解析と自己相関解析について実習します。
3
Excelによる自己相関解析+Excelによる判別分析
  • ポイントは、正規乱数の利用です。
  • パラメータの推定方法です。
4
Excelによる気温予測
  • 判別分析です。
5
Mathematicaの基礎
  • Mathematicaの基本的な使い方を実習します。基本的な演算、簡単なグラフなどについて説明します。
6
Mathematicaによる代数計算
  • 代数計算では部分分数、代数方程式の解法などを行います。
7
Mathematicaによる微分・積分
  • 微分、積分、テイラー展開、微分方程式の解法などを実習します。
8
Mathematicaによるグラフィックス
  • やっぱり、マセマティカなんだから絵を描かないとね。
9
Mathematicaによる2次元アニメーション
  • 2次元図形の平行移動と回転移動を行います。
10
授業アンケート+Mathematicaによる3次元図形処理
  • 平面を回転してできる図形について実習します。
11
Mathematicaによるサウンド処理
  • Mathematicaによる作曲について実習します。
12
Mathematicaによるサウンド処理
  • Mathematicaによる作曲について実習します。

以上に加えて2回ほど実習指導のための講義時間をおく。

成績評価

講義中に課すレポート65%、講義への参加35%として総合的に評価する。

レポートについては、講義ノートから見ることができます。

最終更新日:2014年12月08日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/