サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 基礎セミナー - 図書館情報リテラシー: 図書館と情報を使いこなす >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:教養教育院

逸村裕 准教授

基礎セミナー - 図書館情報リテラシー: 図書館と情報を使いこなす

授業時間 2005年度前期月曜5限
対象者 文系学部
情報文化学部 (自然)
理学部
工学部 (I、IV、V、III系)
農学部

2単位、週1回全15回

授業の内容

大学生となって、身につけるべき情報リテラシーには多くのものがあります。名古屋大学では「情報リテラシー」という科目を文系・理系それぞれに開講しています。この基礎セミナーAでは数ある情報リテラシーの中でも、図書館情報学のアプローチから文献と情報の探索、図書館の利用方法、情報のまとめ方とプレゼンテーションに重点をおきます。また少人数かつ文理融合という特性を存分に生かした内容とします。

学習成果

プレゼンテーション課題の例1 (PDF 文書, 1908KB)

プレゼンテーション課題の例2 (PDF 文書, 96KB)

授業の工夫

大学の授業が高校までの授業と異なること、それは問題解決に至る多くのプロセスの理解と明快な美しい回答を目指す泥くさい手法の多様さです。回答は一つだけとは限りません。時に回答が存在しない場合もあります。それも回答の一種です。先人が積み上げてきた膨大が学術資産を紐解き、そこにわずかでも自らの上乗せを試みる。それが知的営為です。

情報源の理解

インターネットとサーチエンジンの普及により、情報源は急速にデジタル化しています。その利用法もまた変化し、また変わり続けています。
ピーターライマンによると2002年一年間に新たに生産された情報量は5 exabytes (エクサバイト) になります。この量は世界最大の図書館である米国議会図書館37,000館分に相当します。そしてその大半はデジタル化された情報です。
http://www.sims.berkeley.edu/research/projects/how-much-info-2003/
一方、図書を中心とする「紙」資料も2004年には新刊発行点数が日本だけで7万点を数えました。そしてそれ以上の金額の雑誌や新聞が世に流通しています。

名古屋大学附属図書館その機能

名古屋大学には30ほどの図書館があり、図書だけで300万冊の蔵書があります。これに雑誌や新聞、さらに電子ジャーナルといった情報源があります。
図書館は本来、膨大な知的資産を収集し、保存して後代に継承する役割があります。その一方で「情報源の組織化」により、情報を探し出せる仕組みを作成してきました。これにより、大学図書館は教育と研究の一助を担ってきたわけです。
インターネットが普及し、ネットワーク上に多くの情報が登場した今日でも図書館の役割は変わりません。むしろ玉石混交のネットワーク情報源に対し、真正な情報を提供するフィルター機能を図書館は強く担うことになります。

学生にとっての図書館

こういった図書館の機能を理解し、フルに活用するためには学生がある程度の知識技能を身につける必要があります。もちろん図書館は情報を探すだけではなく、「場」としての機能もあります。図書館内には無線LANにより、PCを利用できる場所もあります。多様な情報源を使いこなし、快適な学生生活を送るための一助となるようこの基礎セミナーでは実習を含めた内容を用意しています。

図書館の利用方法を覚えるとちょっと得をする

図書館は世界中にあまねく存在します。そこには一般向けの公共図書館から専門情報提供の図書館までさまざまなものがあります。この授業では名古屋アメリカンセンターの協力を得て、その一端に触れる機会を設けます。

ディスカッション

図書館と情報の利用法をある程度こなした次の段階では問題解決とそのプレゼンテーションに力をいれます。自分で調べ、まとめ考えた内容を他の学生に理解してもらう。ここまで到達してこその情報リテラシーの世界です。

より高みに

情報の利活用はどの大学だけでなく、社会に出てもあるいは人生を送る上でも豊かな実りをもたらします。その一助となることを目指しています。

最終更新日:2007年01月15日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/