サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報科学研究科 >
  3. 情報メディア空間構成特論 >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業の特徴

ロボットコンテストという、わかりやすいタスクを用いて、学習の効果や達成度を教師と学生が共に確認できる。ロボットのプログラミング環境は、教材に特化されているものではなく、一般的な言語(Java)および開発環境を用いているため、本講義で習得したスキルを研究や卒業後の仕事にも活かすことができる。

講義内容

  1. レゴマインドストームを使った実践的学習
    具体的なシステムを扱うことによりデザインセンスを養う。
  2. Java言語を用いたプログラミング演習
    コンテンツの定義と扱い方を学習する。
  3. エージェントとロボットに関する基礎と応用
    自律的なシステムの設計法とその応用例について学ぶ。特に、物理環境や人間とシステムとのインタラクションについて学ぶ。

講義の前提(受講の条件)

本講義を気持ちよく受講するには、次の5つの条件をクリアする必要があります。

  • Javaプログラミングの基本的知識を有すること
  • ノートPCを持っていること
  • 人工知能やロボットに興味があること
  • 子供のころレゴで遊んだ経験があること
  • 協調性があること

定員

15名程度

教科書

教科書は特に必要なし。

参考資料

参考リンク

以下は、外部ページへのリンクです。 リンク先の情報は、「名大の授業」が直接管理しているものではありません。 リンク先の情報の利用に関しては、それぞれのサイトをご確認ください。

課題

それぞれのグループにおいて、メンバーがどういう貢献をしたかについて、レポートを提出してもらいます。

レポートに記述すべき内容

  1. ロボットの構造的特徴
  2. ソフトウェアの工夫点
  3. 各メンバーの貢献(特に詳しく。全体の作業を100としたときの各メンバーの達成した作業の全体に占める割合も添える)
  4. その他(講義に関するコメントなど)

スケジュール

授業内容
1
講義全体の概要
−Javaプログラミングに関する簡単な試験をやります。
2
ロボットを動かしてみる
−ロボットの行動について
−レゴマインドストームについて
−センサーとモーターの利用
−Javaによるプログラミング
3
ロボットにタスクを与える
−タスクの例:5m前進して180度回転して元の位置に戻る
4
グループワーク(その1)
−マインドストームとそのプログラミングに慣れる
5
グループワーク(その2)
6
ロボットとコンテンツ
−ロボットが理解できるコンテンツとは
7
ロボットとコンテンツ(その2)
−XMLプログラミング
8
グループワーク(その3)
−ロボットをネットワークにつなぐ
9
グループワーク(その4)
−XMLによる地図を用いて移動するロボットを作る
−ロボットコンテストの内容と形式を考える
10
ロボットと人間のインタラクション
−人間とロボットのインタフェース
−マルチモダリティ
−対話と行動
11
グループワーク(その5)
−ロボットコンテストの準備
−ロボットコンテストの内容を決める
−ロボットの基本動作の確認
12
13
14
ロボットコンテストプレ大会
−コンテスト内容説明と練習試合
15
ロボットコンテスト本番
−リーグ形式で最優秀グループを決める

成績評価

成績は、グループワークの成績(主にロボットコンテストの順位)と各人の貢献度で決まります。

  • グループワークの成果に応じて、それぞれのグループに点数をつけます。
  • 各グループメンバーのグループワークにおける貢献度(単位%)を計算します。
  • 成績=グループ点 × 貢献度(を100点満点で正規化)

最終更新日:2007年09月25日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/