サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 教養教育院 >
  3. 英語(中級) >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:教養教育院

秋田喜美 准教授

英語(中級)

授業時間 2016年度後期火曜4限
対象者 農学部1年生
2単位 週1回全15回

目的およびねらい

本授業は、学術的な英文に関する基礎的なリーディング能力とライティング能力の養成を目的とする。そのねらいは、研究拠点大学である名古屋大学の学生にふさわしい学術英語を使いこなす能力を身につけるところにある。論理的な英文のカギとなるエッセイの構造に着目し、目的に応じて必要な情報をいかに読みとるか、また逆に、自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかを学ぶ。将来、専門の論文を英語で読んだり書いたりする時に、指針となる英文構成法の基礎、および実際に役立つ英語表現を多く習得する。

授業内容

学術的なエッセイ・ライティングの基礎を実践的に学ぶ。以下の基本項目をカバーし、これらの学習内容に基づきエッセイの相互評価を行う。

1. エッセイの基本構造・種類
2. 役に立つ表現・語彙
3. 英文法の復習と言語学的知見を取り入れた補足
4. 批判的思考
また、これらの項目の裏返しとして、効率がよくかつ批判的なリーディングの訓練も行っていく。

読み物としては、受講生の希望を参考に、ウェブ記事や英字新聞のほか、専門誌の論文要旨も対象とする。

宿題としては以下を課す。
1. 各回の内容を踏まえたエッセイを仕上げる(あるいは書き直す)。エッセイは、タイプしたものを印刷のうえ提出する。
2. 3回のライティング・コンテストに向け、インターネットや教室内アンケートにより準備を行う。

授業の工夫

この授業では、徹底的な反復練習により、エッセイ・ライティング能力の着実な育成を目指します。特徴は以下の3点。

1. 研究活動の模擬体験
学期末に、各自の希望テーマについて、英語サイトを用いた資料収集と授業内アンケートに基づく2ページの報告書を書き上げてもらいます。これは、研究者が行う研究活動の縮図であり、学術英語が実際にどう活きるかを体感する機会となります。それまでの授業は、報告書作成に向けた下準備として行います。

2. 希望に合わせた添削・コメント
ほぼ毎週、宿題として1ページのエッセイ課題を課しますが、提出の際、添削・コメントの厳しさを選んでもらいます。この添削レベルと成績は全く別物ですので、各回の自信とやる気に応じて選択してください。

3. ゲーム感覚のアウトプット活動
エッセイ構造を活用するための応用練習として、気軽に楽しめる「ゲーム」を織り交ぜます。創造性を養うための制限時間内での物語共同執筆、演繹的に話す癖をつける画像説明ゲーム、数え上げながら話す練習としてのビンゴゲーム、汎用性の高い構文を言い慣れるためのアフレコなど、どれもヘトヘトになりながらも盛り上がってもらっています。

担当者からの言葉

毎回、教員およびクラスメイトと英語で話し合うことが求められますので、積極的な(ただしリラックスした)姿勢が必要となります。始めからスムーズに話せる人はいませんので、単文、単語、フィラー、ジェスチャー、表情からでも発する練習をしていきましょう。また、ライティング課題では独創性や創造性も試されます。皆さんの柔軟な発想と出会えるのを楽しみにしています。

最終更新日:2017年03月07日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/