授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 法学部・法学研究科 >
  3. 情報と法 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:法学部・法学研究科

大屋雄裕 教授

情報と法

授業時間 2005年度前期
対象者 法科大学院(大学院法学研究科実務法曹養成専攻)

2単位、週1回全15回

授業の内容

情報化社会の現状と法的諸問題について講義するとともに、情報技術の発展が何を意味するのか、社会の情報化の本質は何かという問題に考察を加える。特に、それが従来の社会とそれを支えていた様々な価値・理念にいかなる変容をもたらすか(あるいはもたらさないか)を理論的見地から問題とし、具体的な法制度との関連を追求する。基本的に講義形式だが、前提となる技術的知識については適宜説明を加えるとともに、実際に利用・経験してみる課題を課す。

授業の工夫

この講義は法科大学院科目であるため、本来なら学生との議論などを重視したインタラクティブな性質を持つことが求められている。しかし、題材の性質上まだ学生が独自に学習できるような教材が充実していない点、基本的な知識を含め幅広く把握することが求められる点などを考慮し、あえて講義形式に絞っている。憲法・刑事法・民事法などの領域にまたがる情報化に関する問題を総合的に把握できるパースペクティブを学生に持ってもらうことが、講義の目的である。

そのため、対象として扱う問題を幅広く選ぶだけではなく、それらを理解し検討するための基礎となる社会学・哲学的な理論も説明し、単に現行法に関する知識の習得にとどまらず将来的な・立法論的な思考ができるよう工夫している。

成績評価については、上述の通り講義形式をとっていることもあって期末試験によるほかないが、論述式の概括的な出題をすることによって独自の見解・理論的構成力を見るようにしている。

最終更新日:2014年01月20日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/