サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・文学研究科 >
  3. 古代懐疑主義 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:文学部・文学研究科

金山弥平 教授

古代懐疑主義

授業時間 2016年度前期水曜1限
対象者 学部2年生以上
2単位

授業の工夫

名古屋大学で教え始めた当初は、講義形式の授業において基礎的な知識を万遍なく示すことを心がけていました。

私自身、恩師から講義で示された基礎知識がその後の研究の基礎を形成したからです。

しかし、ある時期からこの授業の形態に疑問も生じてきました。知識であればこの私の授業に出なくても、さまざまの本を読むことで得られるのではないか、という疑問です。その疑問を、かつて私の授業に出てくれた若手研究者に問うたところ、きちんと体系立てて示してもらえるのはありがたいと言ってくれました。

しかし、すべての学生が研究者になるわけではありません。そもそも大学で学んだことの多くは、「学んだこと」で「覚えたこと」を意味するとすれば、実際の社会に出て特に役に立つわけでもありません。そのため、大学で一生懸命勉強しても意味ない、むしろカンニングなど努力なしでうまくやっていくことの方が重要だ、と短絡的に考える学生もいないわけではありません。しかし、そのような考えの人たちは実生活を甘く見過ぎています。自らの脳を鍛えることなく大学生活を送った人たちは、社会に出て働くための基礎となる力を育てる絶好の機会を失っています。

大学とは「学び方を学ぶ」場所であり、学び方をしっかりと学ぼうとするとき、トレーニングの素材として、多くの知見が多様な仕方で必要とされます。意味のないように思えることでも、地道に取り組む必要が出てきます。最も大切なのは、学ぼうとする意欲と地道な努力、抽象的事柄をも具体的に考えるイマジネーション、このような見方もあるのかという新たな発見、そこからさらに掻き立てられる意欲、「ひょっとしてこうも考えられるのではないか」という楽しみながらの発想、それを検証していくこだわりです。それこそが、実生活で役立つ大学での学習なのです。

それゆえ、講義形式の授業において重要となってくるのは、ある程度の体系的・基礎的な知識を伝えつつ、そこに垣間見られる各哲学者の各思想がどのような可能性をもっているのか、できるだけ具体的に、分かりやすく、現代的問題・知見と関連づけて説明することです。したがってギリシア哲学の全体を半期、ないしは通年で表面的に追っていく、というようなことはしません。例えば、今回「アルファベット、初期ギリシア哲学」の授業の資料ファイルをお示ししましたが、この全体を授業で説明するだけでも、約2年は必要とされます。そして実際授業では、最終的にこの10倍以上の量の資料を配ることになるのです。

一時期、パワーポイントに凝ったこともあります。「探求の学としてのギリシア哲学―幸福と哲学―」の授業のパワーポイントのスライドも示してありますが、その中には音楽入りのアニメーションも取り入れました。しかし、パワーポイントでは学生の皆さんはどうしても受け身になり、暗いなかでウトウトと眠りはじめます。また、トンネルの世界であって、いったん入ると横へ逸れることはできません。人間の思考は直線的ではなく、一つの地点からいくつも放射状に手を伸ばし、ネットワークをなして展開していくにもかかわらず、パワーポイントは、その思考パターンに反して、出口を目指して水平的に道を辿っていくのみです。さらに、パワーポイントを通して示される1画面の空間は限られており、たくさんの情報の同時的比較を可能にすることはありません。

そこで利用したのがマインドマップです。これは俯瞰的に全体を見渡させてくれますし、あらゆる方向に道がつながっています。しかし、人間の思考はマインドマップで書き表せないほど複雑であり、私のマインドマップは、ついついごたごたしたものになってしまい、結果的にマインドマップとして使い勝手の悪いものになってしまいました。3枚お示ししたマインドマップのうち、比較的簡素に見える「哲学1」のマインドマップが最も使い勝手がよいと自分では思っています。ただ授業で教える自分自身にとっては、「哲学2」「哲学3」の方がいわば重装備のマインドマップであり、より大きな安心感を与えてくれる、というのも事実です。

しかしまた、マインドマップだけでは不十分です。チョークと黒板(あるいはマーカーとホワイトボード)がどうしても必要になってきます。パワーポイントはこれらの道具を必要としないのに、それよりも優れたマインドマップがどうしてそれらを必要とするのか、不思議な気もしますが、たぶんそれは、俯瞰的図柄を示すマインドマップの目的が、トンネルの出口にまで導いていくというパワーポイントの目的とは異なっているからなのでしょう。

板書をすると学生はそれをノートに筆写すべく手を動かします。手を動かすことによって脳は活性化します。また黒板はトンネルの世界ではありません。その都度の授業で主題となっていることについて黒板に書いていくと、そこには思想の大きな地図が展開されますが、説明を理解しながら、それが具体的なイメージとして黒板上に展開されていくのを視覚的に捉え、またノートに筆写するなかで、各自が、その複雑な地勢図を自らの頭の中に取り込んでいきます。そして私が、あっちを指さし、こっちを指さすことによって関連を示していくと、学生の皆さんは、遠くにあるように見えて実は非常に近いつながりの新たな発見をするのです。そうした学生の発見が、空気を伝わって感じられることが時たまありますが、これこそが授業の醍醐味でないかと思っています。

 なお、英語による講義ですが、Time(時間)をテーマにし、パワーポイントを用いた講義ビデオを、次のURLで見ることができます。 http://intercontinental-academia.ubias.net/nagoya/media-center/videos/intercontinental-academnia-second-phase-nagoya-thursday-march-10-lecture-by-yasuhira-kanayama

最終更新日:2017年04月12日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/