サイトマップお問合せヘルプ
シラバス
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • ※平成29年度学生募集停止
    • オープンキャンパス
    • 名大の研究指導
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 情報文化学部 >
  3. 計算情報学 I >
  4. シラバス
授業ホームシラバス講義資料

授業の目標

ミッション:

  1. 数値計算の基本的な考え方を理解する。
  2. 実際の問題解決に応用することができる。

履修条件

なし。

授業の内容

数値計算の基礎となる連立一次方程式、非線形方程式の逐次近似法、ならびに、ならびに常微分方程式(初期値・境界値問題)と偏微分方程式の差分解法の基礎について、計算機応用の立場から解説する。

教科書

特に1冊の本を教科書と定めない。数値計算の教科書はたくさんあり、内容はほぼ同じなので、自分で自分にあった教科書を見つけて欲しい。

参考資料

講義の中で適宜紹介する。

注意事項

講義中の私語、携帯電話の使用(モラルの低下を招く)他の迷惑行為には厳正に対処する。警告を行なっても改善されない場合はペナルティとして、減点数を通告の上、最終評価点から減点を行なう。

課題

<

ul>

  • チェックテスト(第1回)-問題と解答 (PDF 文書, 110KB)
  • チェックテスト(第2回)-問題と解答 (PDF 文書, 33KB)
  • スケジュール

    日付授業内の学習活動
    4月12日講義に関するガイダンスを行なう。
    4月19日計算機の内部表現、数値計算における誤差など
    4月26日アルゴリズムと計算の理論(計算可能性、計算量理論)など
    5月3日憲法記念日のため休講
    5月10日連立一次方程式の解法1ガウス法
    5月17日連立一次方程式の解法2LU分解法
    5月24日チェックテスト1
    5月31日非線形方程式の逐次法による解法(2分法、ニュートン法)
    6月7日曲線の離散近似(1次、2次補間、ラグランジュ補間)
    6月14日数値積分(台形公式、シンプソンの公式、ロンバーグ積分法)
    6月21日チェックテスト2
    6月28日微分方程式の差分法による解析(オイラー法、ルンゲクッタ法)
    7月5日常微分方程式の境界値問題の解法
    7月12日偏微分方程式の差分解法
    7月19日チェックテスト3

    成績評価

    チェックテスト(20点満点)x3回 + 最終試験(40点満点)により評価を行なう。この評価点が60点以上の場合には、レポート(10点満点x3回)によるボーナス点を加算する。尚、出席は評価しないことに注意すること。また、講義中の迷惑行為は警告しても改善されない場合はペナルティを課す(注意事項)。

    チェックテスト&フィードバック

    チェックテストはいかなる理由があっても欠席の場合は零点となり、最終試験の得点で補正式、 (m/40)*(40+n*20), n:欠席の回数、m:最終試験の得点 を用いて補正する。

    フィードバック

    チェックテストの結果から自分が理解が不足している箇所がわかった場合は、その部分の補習を自ら行い、その結果をレポートとしてまとめ提出した場合、レポートの評価点を当該チェックテストの得点に加算する(最大で合計20点満点まで)。

    レポートの評価のポイントは”自らの言葉で明確に表現できていること”、文字や図表が明確に表現されていること”である。手書きの殴り書き数枚のようなレポート?に対する評価は低い。

    最終更新日:2007年05月02日
    最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
    最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

    ページトップへ

    http://ocw.nagoya-u.jp/