サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 環境学研究科
    • 情報科学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 第二言語習得研究概論a >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:国際言語文化研究科

林誠 准教授

第二言語習得研究概論a

授業時間 2016年度前期水曜3限
対象者 大学院生
2単位、週1回全15回

授業の内容

教室内・外での言語習得のプロセスを理解するためには、教師と学習者、学習者と学習者、あるいは学習者と地域コミュニティの母語話者がどのようなインタラクションを行っているかを詳細に分析する必要があります。本概論では、そうした対人コミュニケーションのプロセスを分析するためのツールとして社会学の分野で確立された「会話分析」(Conversation Analysis)の方法論について学びます。まず、会話分析の理論的背景や基本的な考え方を押さえたあと、日常会話の構造を分析するためのさまざまな切り口を紹介し、各自が収集した具体的な会話データを分析できる素地を養成します。

授業の工夫

「日常会話の分析」と言うと一見とっつきやすく思われがちですが、実際の会話データを眺めてみると極めて雑多な振る舞いの羅列のようにしか見えず、どのように分析に切り込んでいけばいいのかわからないということがよくあります。私の授業では、まず会話分析の理論的・方法論的背景についての文献を講読し、雑多に見えるデータに切り込む分析的視点を学びます。しかし、文献を読んで分析的視点を学ぶだけで、実際の会話データを目の前にしたときにすぐに分析ができるようになるわけではありません。ですから、私の授業では文献講読と並行して、実際の会話データを分析するハンズオンの練習課題を毎週課し、分析のトレーニングを行います。こうしたトレーニングを通して、文献で学んだ知識を実際に運用する力を養います。

最終更新日:2016年09月09日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/