サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2015 >
  4. 最終講義 - 研究の軌跡と展望 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

稲葉伸道 教授

最終講義 - 研究の軌跡と展望

授業時間 2015年度退職記念講義
日時 2016/3/12 14:00-15:30
場所 文学部237講義室

名古屋大学文学部での40年間

1973年4月に大学院文学研究科の修士課程に入学して以来今年3月の退職まで、私の名古屋大学での生活は43年及びます。初めは大学院生として、1980年に助手となってからは教員として、同じ文学部に通いました。文学部の建物は耐震改修されましたが、骨格は40年前と変わりません。三階の暗い廊下を歩いていると、ふと、40年前のまだ何になるのか解らない自分に出会う気がします。

当時の国史学研究室(現在の日本史学研究室)は学問研究には厳しく、それでいて、自由な雰囲気がありました。それは多分、文学部だけではなく、名古屋大学全体が持っていたものだったのかもしれません。戦後歴史学の閉塞状況を打破する新しい歴史学のうねりが名古屋で生まれ始めており、その昂揚感が2年の修士課程で終える予定であった私を、何の迷いもなく学問を一生の仕事とする道に進ませました。

以来、40年余、大学自身も大学を取り巻く環境もずいぶん変わりました。とくに、独法化後の変化はとても大きなものがあります。二度目の文系組織改編も迫ってきています。これからも、さまざまな試練を克服し、教職員と学生が共に学問を通じて、人類の過去・現在・未来を自由に語ることができる大学であることを願ってやみません。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/