サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 文学部・文学研究科 >
  3. ギリシア神話学 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

Loading the player...

開講部局:文学部・文学研究科

吉武純夫 准教授

ギリシア神話学

授業時間 2015年度後期火曜3限
対象者 文学部2-4年生、文学研究科大学院生
2単位、週1回全15回

授業の内容

神話とは何かと考えた時、昔話や御伽噺や伝説なら比較的たやすく説明できるのに、神話はなかなかすっきりと説明できないことに気付きます。神が出てくることは多いが、必ずしも神の話ではありません。荒唐無稽な話ばかりですが、子供だましでもありません。ギリシア神話のひとつひとつには、高度の脚色されたさまざまなヴァージョンがありますが、脚色をとりのぞいてゆくと単純なストーリーが残り、たいていそこには何らかの真実が力強く埋込まれています。似た話を並べてみることによってそれが見えてくることもあります。この授業は、そういう神話の性質を伝え、それぞれの神話の奥にある意味をさぐる力を涵養することを目指しています。それは、読んだり覚えたりして楽しむだけでなく、世界や人生や神をとらえ直したり、西欧人の考え方の枠組みを理解する助けにもなるはずです。

授業の工夫

ギリシア神話は相互に関連しあう話の集合体で、総量も膨大なので、いくつかの側面から整理した上で、その中から代表的な話を取り上げて、個別に分析したり共通点を探ったりするようにしています。

受講者には、個々の神話についてできるだけ複数のヴァージョンを読んでもらい(具体的には、19世紀のアメリカ人作家であるブルフィンチがローマ時代の脚色を大いに取り入れながら子供でも読めるように書きなおした神話集である『ギリシア・ローマ神話』と、後1世紀の神話蒐集家アポロドーロスが散文的にまとめた『ギリシア神話』の2冊の岩波文庫を使用)、どこが脚色であるかを見抜き、その神話の骨格はなんであるかを各自があらかじめ考えるように仕向けています。それを解き明かすことが授業の中心ですが、また逆に、古代のその他の作家たちが脚色したテクストや美術を紹介して、そこにどういう意図が加えられているかをも検討します。

個々の神話は単純であっても、そこに見出される意味は高度に抽象的であったり哲学的であったりするので、分かりやすい説明を心がけ、また要点が確実に伝わるように書いたプリントを配ります。たくさんの固有名詞がでてくるので覚えられないという人もよくいますが、名前は覚えなくてよいと教えています。実際、この授業で大事なのは、覚えることでなく、話の意味を考えることだからです。

最終更新日:2016年08月05日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/