授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 前衛芸術概論 >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:国際言語文化研究科

藤井たぎる 教授

前衛芸術概論

授業時間 2015年度前期火曜6限
対象者 国際多元文化専攻 先端文化論講座

2単位、週1回全15回

授業の内容

ドイツ・オーストリア近現代音楽の基底に認められる一定の構造と、資本制のもとでの経済体系や心的装置のメカニズムとの相同性に着目し、マルクスの価値形態論、フロイト=ラカンの欲望・欲動論などを参照しながら、ドイツ・オーストリア近現代音楽史・オペラ史を複合的な文化現象として領域横断的に捉えなおすことを目的としている。

授業の工夫

この授業の主題は、「授業の内容」にも書いたとおり、文化現象としてのドイツ・オーストリア近現代音楽 (史) である。授業形態は講義だが、授業中に提示する課題や問いかけに対する受講生の応答によって、主題が縦横無尽に展開していくことを理想としている。実際に、予想を超えるすぐれた応答が、複雑に絡まった主題を解きほぐして、それを構成しているモチーフを浮き彫りにすることも稀ではない。また、音楽を専門としている受講生にはピアノを使って和声構造の解説をしてもらっている。そうした「補助線」によって、音楽についての専門的知識がない受講生にも、文化史的な文脈の中で、調性の発展、そして/あるいはその崩壊のプロセスをとらえることの意義を理解してもらえると思う。

最終更新日:2016年04月25日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/