授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 国際言語文化研究科 >
  3. 応用言語学方法論b >
  4. 授業ホーム
授業ホームシラバス講義資料

開講部局:国際言語文化研究科

秋田喜美 准教授

応用言語学方法論b

授業時間 2015年度後期木曜5限
対象者 国際言語文化研究科 日本言語文化専攻
2単位、週1回全15回

授業の内容

この授業では、「統語と意味の接点」(syntax-semantics interface) に関する代表的な理論的枠組み (語彙概念意味論、構文文法、フレーム意味論、生成語彙論など) を比較検討します。一般に、似た意味の語は似た振る舞いを見せます。例えば、「壊す」と「切る」という動詞は、ともに「~を壊す/切る」のように他動詞として用いられます。こうした統語と意味の関係をきれいに矛盾なく捉え切るのは、簡単そうに見えて実はものすごく難しい仕事で、そのため、これまでにいくつもの理論が生まれては消えてきました。この授業では、そうした複数の理論を見比べることで、言語研究において理論的枠組みを持つことの意義を学びます。「意義」には以下が含まれます。

  1. 個別言語の事例研究 (例: 日本語の動詞研究) に一般言語学的な価値を与える。
  2. 理論を通して見つめることで初めて気づくことがあることを体験する。
  3. 複数の理論を見比べることで批判的・論理的思考を養う。

授業の工夫

理論を持つことは、言語学の論文 (学位論文など) を書く際に必ず必要となる「条件」とまで言われることがあります。一方で、多くの理論的文献が英語で出版されているため、日本言語文化専攻に属する大学院生の中には抵抗感を持つ方も少なくなく、そのため、この抵抗感を和らげるのに以下のような試みを行っています。

授業内
可能な限り日本語の文献・資料を提供する。
オノマトペ (擬音・擬態語)、俗語、意外な例など、できる限り身近で面白い例を紹介する。
学外から最先端の関連研究者を招待する。
宿題
日本語ないし母語での関連課題 (未解明課題を含む) を考察してきてもらう。各自の研究テーマとの関連を考えてきてもらう。
共著可とする。
徹底的にフィードバックする。
授業外
授業での議論・提出課題に基づき、授業スライドを更新しDropboxにアップする。
5限目開講とすることで、授業後に気楽な議論を続けられるようにする。
オフィスアワーを週7日とする。
最終更新日:2016年03月25日
最終更新日の時点の講義内容で公開を行っております。
最新年度の講義と内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/