サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 文学研究科
    • 国際言語文化研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報学部/情報学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2014 >
  4. 最終講義 - SCRUTINIZE THE PRECIPITATION CLOUDS >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:地球水循環研究センター

上田 博 教授

最終講義 - SCRUTINIZE THE PRECIPITATION CLOUDS

授業時間 2014年度退職記念講義
日時 2015/3/3 13:30-15:00
場所 野依記念学術交流会館カンファレンスホール

21世紀から名古屋大学に着任して15年

2001年1月1日付で大気水圏科学研究所に赴任し、2001年4月1日から改組されて地球水循環研究センターとなった研究施設で研究を続け、足掛け15年間になりました。多くの大学院学生と一緒に研究ができ、大学を巣立った学生達が社会で活躍する姿を見て、名古屋大学での15年は楽しいものでした、皆さんに感謝いたします。この間に、大学が法人化され、地球水循環研究センターは全国の共同利用・共同研究拠点として認定され、中期目標・中期計画の第3期目を迎えようとしています。私たちの研究分野である、災害をもたらすような激しい気象現象の研究に関しては、中国・韓国・台湾の主要大学の「追いつけ追い越せ」の目標にされてきた気がします。観測・解析・数値実験の全てにおいて、日本企業の機器製造力と研究者の数値モデル開発技術のレベルの高さに助けられて、アジアでの先端研究で主導的な役割を果たしながら共同研究を進めることができました。しかし、東アジアの主要大学は大学としてのレベルアップに熱心で、規模では名古屋大学を凌駕し、種々の分野で名古屋大学を追い越そうとしています。これらの大学と切磋琢磨し、世界的にもリードしていくためには、先導的な研究部門を集中的に発展させる戦略が必要だと思います。名古屋大学の百周年記念の時に、名古屋大学独特の魅力をアピールできるようになっていることを期待しています。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/