サイトマップお問合せヘルプ
授業ホーム
  • 授業一覧から探す
    • 教養教育院
    • 文学部・人文学研究科
    • 教育学部・教育発達科学研究科
    • 法学部・法学研究科
    • 経済学部・経済学研究科
    • 情報文化学部
    • 情報科学研究科
    • 理学部・理学研究科
    • 医学部・医学系研究科
    • 工学部・工学研究科
    • 農学部・生命農学研究科
    • 国際開発研究科
    • 多元数理科学研究科
    • 環境学研究科
    • 創薬科学研究科
    • 国際教育交流センター
    • 国際言語センター
    • G30 for everyone
    • 名古屋大学ラジオ公開講座
    • 退職記念講義アーカイブ
    • 退職記念講義2016
    • nuocwをフォローしましょう
    • 過去の特集ページ
    • 教員の方へ
    • NU OCW Podcast
      RSS を iTunes の "Podcast" にドラッグ&ドロップすると、ポッドキャストが登録されます。
      (iTunesは最新版をお使いください)
  1. ホーム >
  2. 退職記念講義アーカイブ >
  3. 退職記念講義2014 >
  4. 最終講義 - 電子の波に乗った30年 >
  5. 授業ホーム
授業ホーム講師紹介講義資料

Loading the player...

開講部局:エコトピア科学研究所

丹司 敬義 教授

最終講義 - 電子の波に乗った30年

授業時間 2014年度退職記念講義
日時 2015/3/6 13:00-
場所 野依記念学術交流館カンファレンスホール

「たまたま」だらけの研究者人生

私は、1978年に大阪大学で博士課程を終了し、東北大学、科学技術振興機構に勤めた後1995年に設置されたばかりの理工科学総合研究センターに赴任いたしました。それから丁度20年、名古屋大学で教育・研究に従事させていただきました。主分野は電子顕微鏡学で、装置や手法の開発に携わって来ました。有難いことに、本学では学生の教育とともに、自由に研究することが許され、いろいろなプロジェクトで楽しく研究をさせていただくことが出来ました。

振り返ってみると私の人生は「たまたま」ばかりでした。大学も「たまたま」大阪に住んでいたから。大学院に進んで電子顕微鏡と出会ったのも私の所属していた研究室に「たまたま」電子顕微鏡学の大家、橋本初次郎先生が転任してこられたからでした。東北大学に就職できたのも「たまたま」でした。科学技術振興機構には、その前年の学会懇親会で「たまたま」外村彰先生とお話しする機会があり誘われました。本学に赴任できたのも、「たまたま」新センターが出来たからでした。その後の研究においても、ずっと「たまたま」続きでした。飛び抜けた能力も持たない私が40年近い研究生活を右往左往しながらも何とか送ってこられたのも、名古屋大学が「たまたま」自由な研究を許して下さる気風であったからだと思います。ここに感謝の意を表し、大学のさらなる発展を祈念して退職のご挨拶と致します。

ご案内

このページの紹介動画は、丹司先生からの「後輩へのメッセージ」です。

ページトップへ

http://ocw.nagoya-u.jp/